« クイズヘキサゴンⅡ 麻木久仁子に久々に勝つ | トップページ | ブルーノ・ワルター指揮ニューヨーク・フィルハーモニック モーツァルト後期三大交響曲集 »

2009年6月12日 (金)

逃げ行く勝利 1989年選抜甲子園

選抜高校野球の決勝戦で忘れられない光景があります。1989年春の決勝戦、上宮高校対東邦高校戦。上宮高校には元木大輔、種田仁らがいました。

1-1の同点のまま延長へ、10回表に上宮が1点を取って2-1とし、10回裏もツーアウト。ドラマはそこから起こりました。フォアボール、内野安打でツーアウト一塁二塁となり、続くバッターがセンター前ヒットで東邦が同点に追いつきます。二塁ランナーが二三塁間に挟まれますが、二塁への送球が逸れ、バックアップに入ったライトも送球が捕れずにボールは無人の外野を転がっていきます。上宮にとっては勝利が逃げていくという、残酷な光景となりました。

|

« クイズヘキサゴンⅡ 麻木久仁子に久々に勝つ | トップページ | ブルーノ・ワルター指揮ニューヨーク・フィルハーモニック モーツァルト後期三大交響曲集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/45313763

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げ行く勝利 1989年選抜甲子園:

« クイズヘキサゴンⅡ 麻木久仁子に久々に勝つ | トップページ | ブルーノ・ワルター指揮ニューヨーク・フィルハーモニック モーツァルト後期三大交響曲集 »