« 頑張っていても生きづらい人達 佐々木正美著『大人のアスペルガー症候群』(講談社こころライブラリー) | トップページ | コンサートの記(43) 京都フィルハーモニー室内合奏団 「武満徹の世界」 »

2009年6月17日 (水)

ジョン・コルトレーン 「ジャイアント・ステップス」

最高のジャズサックス奏者として今も語り伝えられるジョン・コルトレーン。そのコルトレーンの代表盤「ジャイアント・ステップス」を紹介します。

ジョン・コルトレーン 「ジャイアント・ステップス」 有名な表題作の他、甘美な旋律が印象的な「ネイマ」、ノリの良い「カズン・マリー」など7つのナンバーと別のセッション録音8曲(SHMCDバージョン)の全15トラックを収録。

シーツサウンドと呼ばれた重厚で圧倒的なコルトレーンのテナーサックスを存分に楽しむことの出来る一枚。

タイトル通り、ジャズシーンに偉大なる一歩を記した名盤です。

ジョン・コルトレーン 「ジャイアント・ステップス」(SHMCD) HMV icon

|

« 頑張っていても生きづらい人達 佐々木正美著『大人のアスペルガー症候群』(講談社こころライブラリー) | トップページ | コンサートの記(43) 京都フィルハーモニー室内合奏団 「武満徹の世界」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・コルトレーン 「ジャイアント・ステップス」:

« 頑張っていても生きづらい人達 佐々木正美著『大人のアスペルガー症候群』(講談社こころライブラリー) | トップページ | コンサートの記(43) 京都フィルハーモニー室内合奏団 「武満徹の世界」 »