« 観劇公演パンフレット(35) 「ローズのジレンマ」 | トップページ | 無明の日々(6) 英語砂漠に水を撒く »

2009年6月 9日 (火)

何かに導かれるように

思い返してみれば何かに導かれるようにして今の私がいる。選んだことなんて、選べることなんてほんの僅かなものでしかなかったかのよう。

導き手の正体もわからぬままその甘い声音に惹かれ、足を踏み出し続けた結果、今私はここにいる。

いつから今の私が作られ、作られた今の私が本物なのかどうかわからないまま人生は続く。それが人生の本質であるかのよう。

誰もが何かに導かれている。導き手の正体もわからぬまま。自己を信じるにしても自己を信じないにしてもあるのは孤独。孤独がゆえの自由。自由というものの果てしなさ、眩暈、揺らぎ、安らぎ。

|

« 観劇公演パンフレット(35) 「ローズのジレンマ」 | トップページ | 無明の日々(6) 英語砂漠に水を撒く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何かに導かれるように:

« 観劇公演パンフレット(35) 「ローズのジレンマ」 | トップページ | 無明の日々(6) 英語砂漠に水を撒く »