« 「七瀬ふたたび」の前日譚 筒井康隆 『家族八景』(新潮文庫) | トップページ | これまでに観た映画より(44) 「2046」 »

2009年7月 9日 (木)

七瀬三部作完結編 筒井康隆 『エディプスの恋人』(新潮文庫)

筒井康隆の七瀬三部作の完結編、『エディプスの恋人』(新潮文庫)

筒井康隆 『エディプスの恋人』(新潮文庫) 七瀬は私立手部高校の事務職員をしている。ある日、香川智弘という手部高校の生徒に向かって飛んだ、野球部員の打球が、上空で破裂する。それが全ての始まりだった。

その不思議な出来事に興味を持った七瀬は、「彼」、香川智弘と、「彼」の父親である香川頼央に持ち、調査を始める。
そのうちに明らかになる驚くべき真実、と同時に七瀬は「彼」に強烈な愛情を感じ、毎晩のように彼とつきあうようになる……

七瀬を「彼」との恋愛に向かわせた力とは? 
それが明らかになるにつれ、筒井康隆が仕掛けた壮大なスケールに圧倒されることになる一冊です。

筒井康隆 『エディプスの恋人』(新潮文庫) bk1

|

« 「七瀬ふたたび」の前日譚 筒井康隆 『家族八景』(新潮文庫) | トップページ | これまでに観た映画より(44) 「2046」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/45582853

この記事へのトラックバック一覧です: 七瀬三部作完結編 筒井康隆 『エディプスの恋人』(新潮文庫):

« 「七瀬ふたたび」の前日譚 筒井康隆 『家族八景』(新潮文庫) | トップページ | これまでに観た映画より(44) 「2046」 »