« ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 ドヴォルザーク「スラヴ舞曲集全曲」 | トップページ | UGAで採点 »

2009年9月11日 (金)

自慢にならない自慢

その昔、大学受験生だった頃、模試で明治大学第二文学部文学科文芸学専攻を志望し(第三志望)志望者中全国1位になったことがあります。偏差値は61ちょっと(国語と日本史の合計だと70超。英語はどうしようもないレベル)でした。最初から二部を志望校にしている人は少ないので1位になれたのでしょう。今日、ふと思い出したので書いてみました。自慢にもならないけど、まあいいや。

この成績なら学部で1位になれるかなあ、などと甘いことも考えていましたが、明治の二文は出来る人は本当に出来て、私などはそこそこ出来る普通の学生でしかありませんでした。

今は明大の偏差値も落ちてきているので、今僕が十代の受験生だったら、明大一部通っているかも。でもその場合は歴史学方面に進んで演劇はやっていないでしょう。その方が良かったんじゃないかと言われると辛いですけど。

|

« ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 ドヴォルザーク「スラヴ舞曲集全曲」 | トップページ | UGAで採点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/46178648

この記事へのトラックバック一覧です: 自慢にならない自慢:

« ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 ドヴォルザーク「スラヴ舞曲集全曲」 | トップページ | UGAで採点 »