« コンサートの記(53) 大植英次指揮大阪フィルハーモニー交響楽団 「第9シンフォニーの夕べ」2008 フェスティバルホールラストコンサート | トップページ | 謹賀新年 »

2009年12月31日 (木)

第九あれこれ 2009 その2 ジョルジュ・プレートル指揮ウィーン交響楽団ほか ベートーヴェン交響曲第9番「合唱付き」

ジョルジュ・プレートル指揮ウィーン交響楽団ほかによる第九を紹介します。ヴァイトブリック・レーベル。

ジョルジュ・プレートル指揮ウィーン交響楽団ほか ベートーヴェン交響曲第9番「合唱付き」 1924年生まれのフランスの名匠、ジョルジュ・プレートル。

若い頃にはマリア・カラスのオペラで指揮者を務め、またフランシス・プーランクのスペシャリストとして知られていましたが、2008年のウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートの指揮台に立って、躍動感溢れる音楽性を披露し、その知名度は一躍世界的なものにアップしました(2010年のウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートに再登場の予定)。

その後に発売されたマーラーやこのベートーヴェンのCDでも好演を示し、ドイツものに強いことを証明して見せました。

我々はついフランス人の指揮者だからフランスものに強いという先入観を持ってしまいがちですが、プレートルはむしろドイツものに適性があるようで、これまで彼のドイツものが顧みられなかったことが残念でなりません。

プレートルの第九は音に熱が籠もっており、スケールも雄大で迫力満点です。「灼熱のベートーヴェン」と称したらよいでしょうか。とにかくその情熱に圧倒されること請け合いの名演です。

ジョルジュ・プレートル指揮ウィーン交響楽団ほか ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱付き」(weitblick)タワーレコード

|

« コンサートの記(53) 大植英次指揮大阪フィルハーモニー交響楽団 「第9シンフォニーの夕べ」2008 フェスティバルホールラストコンサート | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第九あれこれ 2009 その2 ジョルジュ・プレートル指揮ウィーン交響楽団ほか ベートーヴェン交響曲第9番「合唱付き」:

« コンサートの記(53) 大植英次指揮大阪フィルハーモニー交響楽団 「第9シンフォニーの夕べ」2008 フェスティバルホールラストコンサート | トップページ | 謹賀新年 »