« かわいい子には旅をさせよというけれど | トップページ | コンサートの記(51) アジア・オーケストラウィーク2005 余隆指揮広州交響楽団 »

2009年12月 6日 (日)

歴史上の人物のIQ

リンク: 歴史上で最もIQが高い人物はゲーテで推定210説 - 速報:@niftyニュース.

世界の偉人のIQを推定するとトップはゲーテでIQ210だそうです。

正直、これは疑わしいですね。IQを出す方法は色々ありますが、最新のWAISⅢではIQ200以上を示すことは絶対にないそうなので、ゲーテのIQ210というのも何を根拠にしたものなのか怪しくなってきます。

ちなみに子供の頃にほとんどの人は知能検査を受けていると思いますが、その結果を知っている人は少ないようです。私も子供の頃の知能は知りませんでした。

ところが、最近、機会がありまして、成人用の知能テストである、WAISⅢを受けました。

結果はIQ110。平凡ですね。しかし、私の場合は知能の高さを測るのが目的ではなく、得手不得手を知るために知能検査を受けたのです。結果は、高い数値と低い数値でおよそ100違うというもの。我ながら凄いですね。これは異常な数値です。でもその異常さを抱えながら生きていかねばなりません。大変ですけれど、これが私の人生です。

|

« かわいい子には旅をさせよというけれど | トップページ | コンサートの記(51) アジア・オーケストラウィーク2005 余隆指揮広州交響楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/46946757

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史上の人物のIQ:

« かわいい子には旅をさせよというけれど | トップページ | コンサートの記(51) アジア・オーケストラウィーク2005 余隆指揮広州交響楽団 »