« コンサートの記(62) 広上淳一指揮京都市交響楽団 「オーケストラで描くヒーローたち」in西宮 | トップページ | 大植人形 »

2011年2月22日 (火)

大阪フィルハーモニー交響楽団 エイジ オブ エイジ The Final Seaon

日本のクラシック演奏史上に残るであろう名コンビ、大植英次指揮の大阪フィルハーモニー交響楽団も、大植英次が音楽監督辞任を発表し(桂冠指揮者になる予定)、いよいよ来期がファイナルシーズンになります。9月までの定期演奏会チケットはもうすでに発売になっていますので、歴史的名コンビの演奏をまだお聴きでない方は是非お急ぎを。

大阪フィルハーモニー交響楽団 エイジ オブ エイジ The Final Season

大植さんは、前任者の朝比奈隆とは違い、ベートーヴェンなどの古典派は余り良くはありませんでしたが、ロマン派以降は良く、特に朝比奈御大がほとんど振らなかったフランス近代音楽をプログラムに入れるなどの功績は称えて余りあるものがあります。

マーラーの交響曲第6番「悲劇的」、リヒャルト・シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」、ベルリオーズの幻想交響曲などの名演奏は忘れられません。

本音を言えば大植さんには辞めて欲しくありませんが、「ご苦労様でした、あと一年よろしく」と言いたいです。

|

« コンサートの記(62) 広上淳一指揮京都市交響楽団 「オーケストラで描くヒーローたち」in西宮 | トップページ | 大植人形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/50941423

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪フィルハーモニー交響楽団 エイジ オブ エイジ The Final Seaon:

« コンサートの記(62) 広上淳一指揮京都市交響楽団 「オーケストラで描くヒーローたち」in西宮 | トップページ | 大植人形 »