« 泉鏡花 戯曲「夜叉ヶ池」(青空文庫より) | トップページ | 太宰治 「ヴィヨンの妻」(青空文庫より) »

2011年3月18日 (金)

北村透谷 長編詩「楚囚之詩」(青空文庫より)

北村透谷の長編詩「楚囚之詩」です。罪なくして獄中にある主人公が艱難辛苦を舐めながら最後は報われるという内容です。失敗作だと思われますが、こういう時局には有効です。

北村透谷 長編詩「楚囚之詩」(青空文庫より) http://www.aozora.gr.jp/cards/000157/files/834.html

|

« 泉鏡花 戯曲「夜叉ヶ池」(青空文庫より) | トップページ | 太宰治 「ヴィヨンの妻」(青空文庫より) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/51152149

この記事へのトラックバック一覧です: 北村透谷 長編詩「楚囚之詩」(青空文庫より):

« 泉鏡花 戯曲「夜叉ヶ池」(青空文庫より) | トップページ | 太宰治 「ヴィヨンの妻」(青空文庫より) »