« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の3件の記事

2011年7月29日 (金)

メジャーリーグ挑戦の代償 伊良部秀輝の死

元千葉ロッテマリーンズのエースで、メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキース、阪神タイガースなどで活躍した伊良部秀輝元投手が、27日、ロサンゼルスの自宅で死去していたことがわかった。遺体は首を吊った状態で発見され、自殺と見られる。享年42。

伊良部秀輝はその苗字からわかるとおり沖縄県の生まれ。伊良部島ではなく、宮古島の生まれである。父親は在日米軍の兵士であるが、結婚の意思はなく、伊良部は母子家庭で育つことになる。母親が職を求めたためか、生後間もなく兵庫県尼崎市に移住。そのため出身地は尼崎とされることが多い。野球留学で体育科のあった、香川の尽誠学園高校に進学。甲子園に出場し、剛速球投手として脚光を浴びる。この頃は細身であった。

ドラフト1位でロッテオリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)に入団。ロッテオリオンズ時代は球速で注目され、西武ライオンズにいた清原和博に対して投じた156キロのストレート(西武球場)は今でも有名である(その後、伊良部と清原の対決は「平成の名勝負」と謳われ、パリーグの名物となる)。しかし、本格的にチームの主軸となるのはチームが川崎から千葉に本拠地を移して以降である。

1993年5月3日の対西武戦(西武球場)で清原相手に投げた一球が、スピードガン導入後、日本最速となる158キロをマーク(その後、山口和男、五十嵐亮太が158キロをマークして日本タイ記録となり、昨年、東京ヤクルトスワローズの由規投手が神宮球場で161キロをマークして記録は更新された)。それまでの最速は、中日ドラゴンズの与田剛投手がマークした157キロだった。この年、当時の日本ハムファイターズの大沢啓二監督により伊良部クラゲと表現され、以降、「伊良部クラゲ」の名で親しまれるようになる。
翌1994年に15勝を挙げて最多勝に輝く。奪三振も最多であった。1995年には最優秀防御率賞を受賞。2年連続で最多奪三振の栄誉も手に入れる。この年、優勝を目前に控えたオリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)とのグリーンスタジアム神戸(スカイマークスタジアム)での三連戦三連勝にも登板しており、今でも語り種になっている。
1996年にも最優秀防御率賞を受賞し、押しも押されもせぬ千葉ロッテのエースとなる。
千葉ロッテの選手なので私も彼のピッチングを遠目からではあるが生で見たことがあり、150キロ台のストレートを連発してマリンの観衆を沸かせていたことを憶えている。
この頃までは記者との関係も良く、「好青年」との声があった。また、対戦相手やチームメイトからも「見かけによらず繊細な投球術」「24時間野球のことを考えている真面目な男」との評価があった。一方で、ベンチとは上手くいっていないことも周知の事実であった。

96年のオフ、前年にロサンゼルス・ドジャーズに移籍して活躍した野茂英雄の影響を受けてメジャーリーグに挑戦することを希望。ロッテ球団と争いとなる。ロッテはサンディエゴ・パドレスとのトレードを認めるが、伊良部はニューヨーク・ヤンキースへの移籍に固執。これをマスコミが「わがまま」と書いたことから、記者達との関係は暗転。記者に向かって粗暴な言葉を吐き、「俺たち友達だよな! な!」と言って記者の肩を全力で叩くなどしたため、全てのマスコミを敵に回すことになる。ロッテ球団との交渉が長引いたためトレーニングに支障が出て激太りしたことも批判の対象となった。
結局、三角トレードという不自然な形でニューヨーク・ヤンキースへの移籍を決めるが、日本の野球好きからも白眼視されるようになった。オープン戦(この時はマイナーリーグ)で159キロをマークしたとされ、ヤンキースのワンマンオーナーであるスタインブレーナーから賞賛されるが、日本マスコミや野球ファンは「スピードガンの故障」「話題作り」などと否定的だった。伊良部本人も調整段階のオープン戦で自己最速タイ(1994年7月19日に西武球場で行われたオールスター戦で159キロを出しているが、公式戦ではないので除外されている)が出たことに疑問を持ち、「本当に出たの?」と懐疑的な発言をしている。
旧ヤンキースタジアムでの初登板で初勝利を挙げ、スタンドからの拍手にベンチで立ち上がり、脱帽して応えるなど出だしは順調。メジャー挑戦者の先輩である野茂英雄との関係も良好であった。しかし、「日本最高の投手」「野茂英雄以上」という前評判ほどには成績が上がらず、KOされてベンチに戻る際にファンに唾を吐いたことが「許し難い冒涜」としてやり玉に挙がる(伊良部は「ファンではなく、審判に唾を吐いた」と釈明)など、フロントやファン、英語を覚えようとしないことからチームメイトからも悪評を受けるようになり、「稀代のヒール」に成り下がって、カナダのモントリオール・エクスポス(のちにモントリオールから撤退して、アメリカの首都ワシントンD.C.を本拠地とする、ワシントン・ナショナルズとして再スタート)に移籍する。その後、テキサス・レンジャーズに移籍するが、いずれの球団でも注目に値する成績を残すことはなかった。

2002年のオフに帰国し、阪神タイガースに入団。翌2003年に13勝を挙げて阪神優勝に貢献する。帰国後初勝利のヒーローインタビューでの「甲子園は世界一です」との言葉は例えリップサービスだったとしてもメジャー経験者のものとして説得力があった。
翌2004年は怪我で不振に終わり、オフに戦力外通告を受ける。伊良部は阪神球団と粘り強く交渉を続けていたが、突然、怪我が治らないことを理由に引退することが明らかになり、渡米して実業家に転身する意志が伝えられた。

しかし、2008年8月、渡米していたはずの伊良部は大阪市内のバーで暴力事件を起こして逮捕され、世間を驚かせる。この時、アメリカでの、うどん屋チェーン店経営に失敗していたことが判明する。バーでは灰皿を投げつけ、「150キロの灰皿」などと揶揄されることになった。

いずれの球団でもフロントやベンチと上手くいかなかった伊良部には指導者の道など開けるはずもなく、2009年に投手として米独立リーグに復帰することを選択。実はこの年の登板で150キロをマークしており、年齢やブランクを感じさせない驚異的な身体能力の持ち主であることを証明している。同年夏に日本の独立リーグである四国・九州アイランドリーグの高知ファイティングドックスに移籍。しかし、怪我で2試合の登板に留まり、再引退を表明した。

その後、アメリカで交通事故を起こすなど、醜聞が伝わってきた他は、消息はようとして知れなかったが、このたびの自殺で波乱の人生に幕が下ろされた。

素行の悪さは早くから指摘されており、高校時代にレイプ事件を起こしたという噂がある。このことから真の味方も少なく、高額の年俸も事業に失敗してふいにしてしまった可能性が高く、実業家としては一度失敗していることから再チャレンジは不可能に近く、かといって、メジャー移籍の際に日本の全マスコミを敵に回し、アメリカのマスコミからも受けが悪かった伊良部が野球解説者などに転身することは絶望的であった。

もう道はなかったのかも知れない。

進退窮まっての死は、11年前の高野光の飛び降り自殺を連想させる。

「もし、たら、れば」はないがもし伊良部がメジャー移籍を希望せず、日本でのプレーを続けていたなら違う未来があったのかも知れない。マスコミと犬猿の仲になることもなく、日本を代表するピッチャーとしてヒーローでいられたのかも知れない。だがそうはならず、近年の球界を代表するヒールのイメージのまま生涯を終えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパン世界一

サッカー女子ワールドカップドイツ大会決勝(フランクフルト)で、なでしこジャパンこと日本代表(FIFA世界ランキング4位)はFIFA世界ランキング1位のアメリカと対戦。

90分戦って、1-1と勝負が付かず、延長でも1点ずつを取って2-2と決着が付かなかった試合はPKへ。

アメリカのキックを日本のゴールキーパー・海堀あゆみが1本目と3本目を止め、アメリカの2本目のキックはバーの上を大きく越える。

日本は2人目が止められるが、その他はゴールを決め、これを決めれば世界一という状態で熊谷紗希がキッカーとしてゴールと対峙する。熊谷はゴール左上に決めて、PK3-1でなでしこジャパンは世界一となる。

日本代表は優勝トロフィーの他にフェアプレー賞も受賞。澤穂希選手が得点王(5得点)と最優秀選手賞(MVP)を獲得した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

観劇感想精選(80) 「琉球ロマネスク テンペスト」

2011年3月7日 大阪・上本町の新歌舞伎座にて観劇

午後6時30分より、大阪・上本町(うえほんまち)の新歌舞伎座で、「琉球ロマネスク テンペスト」を観る。新歌舞伎座は元は難波にあったのだが(現在も建物だけは残っている)そこを閉鎖し、上本町に移転して、再スタートしたばかりである。大阪城に間違われたこともあるという元の新歌舞伎座とは違い、新しい新歌舞伎座(というのも変な表現だが)はスタイリッシュなビルの上階部分にあって、外観は劇場という感じではない。

「琉球ロマネスク テンペスト」は、沖縄出身の作家・池上永一の小説を原作に、「フラガール」の羽原大介が脚本を手掛け、「トリック」の堤幸彦が演出した舞台である。音楽は「川の流れのように」の見岳章。
19世紀後半の琉球を舞台に琉球王朝の滅亡を描く叙事詩。上演時間は30分の休憩を除いて、2時間50分の大作である。

主演は、沖縄県出身で、若手トップにランクされる仲間由紀恵。出演は、山本耕史、福士誠治、安田顕、伊阪達也、野添義弘、大沢健、田鍋謙一郎、森山栄治、海老澤健次、兼崎健太郎、長渕文音、野際陽子(ナレーション。声のみの出演)、西岡德馬、生瀬勝久ほか。

仲間由紀恵3年ぶりの舞台である。キャストが前回の「ナツひとり」と重なっていたり、演出が堤幸彦というのが、仲間由紀恵が守りに入っているように見えて気になるところではある。

なお、この舞台で西岡德馬は、何と5役に挑戦する。もともとは2役だけだったのだが、西岡がどうしても他の役もやりたいということで、役が増えたとのこと。

まず、野際陽子のナレーションと、映像によりスタート。19世紀後半の、琉球。琉球王朝は清国に朝貢し、宗主国となって貰うと同時に、日本の薩摩藩にも属するという二重朝貢の形となって、不安定な状態が続いていた。真鶴(仲間由紀恵)はそんな琉球の現状を嘆いて子供の頃から勉学に励み、英語、オランダ語、ポルトガル語、マンダリンをマスターし、他の学問にも通ずるなど、英才ぶりを発揮。女であることを偽って名を孫寧温と変え、男として科試(こうし。清朝でいう科挙に当たる)に首席で通り、評定所筆者主取に抜擢される。

首里城に上がる前日、父親(西岡德馬)の前で琉球舞踊を舞う真鶴。これが女として最後の姿になると嘆息する父親、すると、父親に雷が落ち、父親は「ガジュマルの木に勾玉がある」ということを真鶴に伝えて絶命してしまう。真鶴が探し出したのは龍の勾玉。これは琉球王朝の正統な後継者であることを伝える重要な証拠であった。

首里城に上がった、真鶴こと孫寧温は、科試で次席になった喜舎場朝薫(安田顕)とともに、財政改革に乗り出し、徹底した倹約政策を打ち出す。

琉球王朝で高い位を持つ、予言者の聞得大王(きこえおおきみ。生瀬勝久)の在所も予算を削ることにするが、聞得大王は黙ってはいない。「髪の短い、白い服を着た女が『2位じゃ駄目なんですか』と言ったりすることになりますが、駄目なんです」と事業仕分けに反対する。聞得大王は「2011年弥生には春場所が中止になる」と予言するなど、時事ネタも取り入れる。

そんな中、尚育王(西岡德馬)が死去。尚泰王(伊阪達也)が即位する。

孫寧温と喜舎場朝薫は、薩摩藩に借金の願いに出向く。薩摩の道場一の腕利きである浅倉雅博(山本耕史)に、「60万石の薩摩が幕府の中の一藩なのに、12万石の琉球が独立国というのはおかしいんじゃないか」とあしらわれる二人。しかし、孫寧温と浅倉雅博はその後も関係を深めることになる。

琉球に視察にやって来た浅倉は、孫寧温と友人になる約束をする。その頃、清国の役人・徐丁孩(西岡德馬)が琉球に阿片を売りつけようとしていることを知った孫寧温は徐丁孩を問い詰めるが、逆に女であることを見抜かれてしまう。

国相として琉球に乗り込んできた徐丁孩に、死罪覚悟で斬りかかる孫寧温。浅倉も助けに入るが、崖の上から、孫寧温は身を挺して、徐丁孩とともに飛び降りる。徐丁孩は下まで落ちて、墜落死するが、孫寧温は勾玉を付けて首にかけていた紐が木に引っかかり、一命を取り留める。しかし、国相を殺したという罪は重く、喜舎場朝薫と浅倉雅博の嘆願により死罪は免れるが、八重山諸島に島流しとなる。

勾玉の存在を知った聞得大王は勾玉を奪い取ろうとするが、逆に地位を追われ、ユタ・真牛(もうし)に格下げとなってしまう。黒船がやって来ると予言する真牛。

八重山で、真鶴となって再び女性として暮らしていた孫寧温だが、踊っているところを、島の在番(西岡德馬)に、そこの「美しい隣人」と呼び止められ、女として首里城に登るよう勧められる。てっきり踊り子としての採用かと思った真鶴であるが、実は「あごむしられ」(側室)選びに参加させられたのだった。尚泰王のあごむしられに選ばれる真鶴。その頃、真牛の予言通り、アメリカ東インド海軍提督マシュー・ペリー(西岡德馬)が黒船を率いて琉球沖にやってくる。ペリーと折衝するためには、孫寧温の存在が必要になるのだが…

琉球王朝の悲劇を、真鶴と浅倉とのロマンスを絡めながら、壮大に描いた舞台。役者達はみな白熱しながらも余裕を持って演じており、プロの技に唸らされる。身長160cmと女優としては小柄ながら、琉球舞踊(師範代レベルの腕前)や、殺陣、良く通る声で存在感を出した仲間由紀恵の演技は流石。英語のセリフなどもこなす(残念ながらマンダリンは通じるレベルになっていはいなかった。やはり難しいのだろう)。「テンペスト」はNHKドラマとしても別収録され放送されるということでキャスティングされたと思われるNHKの顔・山本耕史も豪快にして凛々しい薩摩隼人を演じてみせる。

おかまで踊り子の、孫寧温の兄・孫嗣勇を演じる福士誠治の評判は余り良くないようだが、かなり健闘しているのではないだろうか。

ナレーションや映像、CGを多用した堤幸彦の舞台作りは好悪を分かつと思うが、エンターテインメントとしてはなかなかいいと思われる。

喜舎場朝薫を演じた安田顕もいい味を出しており、また、おそらく彼がいなかったら仲間由紀恵も出演をOKしなかったと思われる生瀬勝久の演技も格好良かった。

平和のために、美や教養を重んじよというメッセージも力強いものであったように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »