« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の6件の記事

2013年2月28日 (木)

コンサートの記(82) 遊佐未森「mimori yusa concert tourt 2011~2012 Duo Style~秋の淡雪~」

2012年11月27日 京都「磔磔」にて

午後7時から、富小路通佛光寺下がるにある京都の老舗ライブハウス「磔磔(たくたく)」で、遊佐未森のライブ「mimori yusa concert tourt 2011~2012 Duo Style~秋の淡雪~」に接する。

磔磔は、酒蔵を1974年に音楽喫茶に改装、その後、京都を代表するライブハウスとなっている。酒蔵だっただけに内装は木で他のライブハウスとは異なった趣がある。楽屋は二階にあり、出演者はステージ袖からではなく、客席後方の階段を降りて、歩いてステージに上がる。

遊佐未森は普段はグランドピアノで弾き語りを行うのだが、磔磔ステージが狭いので、ヤマハのキーボードを使っての弾き語りであった。ライブタイトルが示す通り、出演者は二人だけ、ヴォーカル&キーボードの遊佐未森と、アコースティック&エレキギターの今堀恒雄である。
磔磔は満席。このあたりは流石だ。

遊佐が今年の初めに出したアルバム『淡雪』を柱にしたプログラム。仙台で生まれ育った遊佐の、震災後初のアルバムとなった『淡雪』には仙台の街を題材にした曲が幾つか含まれる。

未森さんは、白とベージュのワンピースで登場。とても年女、48歳とは見えないほど若々しい。

「潮見表」、「通り雨」でスタートし、アルバム『淡雪』からは「銀河に恋するプラネタリウム」(仙台天文台イメージソング)、「poetry days」、「欅(けやき)~光りの射す道で~」が歌われた。

「銀河に恋するプラネタリウム」は今年行われたコンサートでゲスト出演した檀れい(檀れいは『淡雪』で「いつでも夢を」を遊佐とデュエットで収録している)と一緒に振り付きで歌い、檀れいの「流石は女優」という身のこなしの優雅さにほれぼれしたという。

遊佐は今年生まれて初めて沖縄に行って、歌を歌ったということで、沖縄民謡「安里屋ユンタ」も歌われる。合いの手である(ユンタとは結歌という意味で合いの手が入るのである)「サー、ユイユイ」と「マタハリヌ、ツンダラ、カヌシャマヨ」は客席に呼びかけて歌って貰った。

その他、リコーダーを吹く場面があったが、入りでいきなり失敗。「もとい」と言ってやり直した。

NHK「みんなの歌」で流れた「クロ」。そしてまだレコーディングしていないという「しお」という猫を題材にした歌を続けて披露する。ちなみに、しおはタレント猫で、大丸大阪店のテレビCMにも出ていたという。

しおの映像

アンコールは「I'm here with you」。冒頭に置かれたサビからではなくAメロからのスタートであった。

耳に心地良い、遊佐未森の歌を堪能出来た2時間であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

ウォルフガング・サヴァリッシュの思い出

NHK交響楽団の桂冠名誉指揮者であったウォルフガング・サヴァリッシュ(ヴォルフガング・サヴァリッシュ)が22日に死去した。長きに渡ってNHK交響楽団の名誉指揮者を務め、数年前に引退。バイエルン国立歌劇場の音楽総監督というドイツ国内でもかなり高い役職を長年務めたサヴァリッシュ。若い頃はウィーン交響楽団の指揮者として、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の母体であるウィーン国立歌劇場管弦楽団の音楽監督であったヘルベルト・フォン・カラヤンを脅かしたと言われるほどの実力の持ち主であったが、出世欲がないため、ウィーンやベルリンといった音楽の首都的都市での地位を得ようとはしなかったようだ。

1990年代にはアメリカのフィラデルフィア管弦楽団の常任指揮者をしていたこともある。ドイツ音楽の権化のようなサヴァリッシュとアメリカ的な華やかな音色が特徴のフィラデルフィア管弦楽団とは水と油のような気がするが、これはフィラデルフィア管弦楽団がリッカルド・ムーティの後任の指揮者としてサー・サイモン・ラトルを迎えようとしたが、ラトルに断られ、ラトルがサヴァリッシュが推した結果、不思議な組み合わせが実現したという。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と録音したベートーヴェン交響曲全集、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団と録音したブラームス交響曲全集、バイエルン国立歌劇場で収録したモーツァルトの「魔笛」などの評価も高いが、私が一番高く評価しているのは、シュターツカペレ・ドレスデンと録音したロベルト・シューマンの交響曲全集であろう。瑞々しい音色と壮大なスケールを合わせ持った名演揃いである。

私は2年間、NHK交響楽団の定期会員であったことがあるのだが、サヴァリッシュの実演に接することが出来たのはたった一度であった。ただ、その時のメインプログラムはロベルト・シューマンの交響曲第3番「ライン」であった。
その後も交響曲第3番「ライン」は他の指揮者とオーケストラの組み合わせで何度も聴いたことがあるが、今も実演で接した「ライン」のベストはサヴァリッシュ指揮NHK交響楽団のNHKホールでの演奏である。N響がシュターツカペレ・ドレスデンにも負けない迫力と美音でこの壮大な曲を奏でていた。良き思い出である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

観劇感想精選(95) 「想い出のカルテット ~もう一度唄わせて~」

2011年11月4日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて観劇

梅田芸術劇場シアタードラマシティで、午後4時開演という平日にしては奇妙な時間帯に行われる公演「想い出のカルテット ~もう一度唄わせて~」を観る。「黒柳徹子主演 海外コメディ・シリーズ第25弾」である。ロナルド・ハーウッド作、丹野郁弓:テキスト日本語訳、高橋昌也:演出。上演時間は途中休憩も含めて2時間15分程度。もっと遅い時間帯に行われてもなんの問題もないはずなのだが。

 

出演、黒柳徹子、阿知波悟美、団時朗、鶴田忍。

 

舞台はイギリスの片田舎。引退した元オペラ歌手達が音楽家専用老人ホームのようなところで暮らしている。舞台セットの上の方には数多く人物画や人物写真が横一列に並んでいる。確認出来ただけでも、イングリッド・バーグマン、ケーリー・グラント(二人ともアルフレッド・ヒッチコック監督作品の常連であった)、モーツァルト、ロッシーニ、マリア・カラス、真ん真ん中に若き日のベルリオーズ(だろうか? 髪型に特徴があるので多分そうだと思われる)、マルセル・プルーストらしき人、一番目立つ場所にジュゼッペ・ヴェルディ、上手端にプッチーニなどがある。上手奥はよく見えないが、ドビュッシーらしき人物の肖像画が見える。このうち、ヴェルディ、モーツァルト、ロッシーニ、マリア・カラス、プルーストは登場人物達の会話の中に出てくる。ワーグナーの話も出てくるが、なぜかワーグナーの肖像画はない。

 

老いた、元スター(黒柳徹子演じるジーン・ホートンが「真夜中に輝くもの」としてスターのことを指すセリフを語っている)オペラ歌手達の悲哀と友情をコメディタッチで描いた作品。ではあるが、それにしてはちょっと引っかかるところがある。なぜか辻褄の合わない部分があるのである。シシー(阿知波悟美)は認知症の症状が酷くなりつつあるということだが、ある場面では認知症ではなくあっち系の症状を示すし、ウィルフ(鶴田忍)は発言に矛盾したところがある(認知症だと考えることも可能である)。知的な人物に見えるレジー(団時朗)もどうも普通の人ではないようである。黒柳徹子演じるジーンも本当のことを話しているのかどうか。ちなみに同じ老人ホームにあっち系の人はいるようである。

 

プルーストの「失われた時を求めて」のマドレーヌのセリフは出てくるし、「舞台恐怖症」というヒッチコック映画のタイトルも出てくる(映画「舞台恐怖症」の主演はマレーネ・ディートリッヒである。ディートリッヒの肖像画はないが、代わりにヒッチコック映画の常連であるイングリッド・バーグマンとケーリー・グラントの写真がなぜかある。ちなみに三人とも人生はどちらかといえば不幸であった。ジーンのモデルであると思われるマリア・カラスも不遇のうちに若くして人生を終えている)。そして「舞台恐怖症」というのが映画のタイトルであるということは明言されておらず誤魔化されている。そしてディートリッヒと恋仲であった、フランスの名優、ジャン・ギャバンもなぜかセリフの中に登場する。ジャン・ギャバンが軍服を着ているということを示すセリフがあるので、おそらく「大いなる幻影」の話をしているのだと思われるが、実は「大いなる幻影」はちょっと一癖ある映画である。

 

なお、話の中心になっているのはヴェルディの歌劇「リゴレット」である。

 

ということで、今回は舞台上で行われていることがリアリズムなのかどうか判然としないところがある。本当に彼らは元オペラ歌手なのだろうか? 元オペラ歌手でないという証拠はないが、元オペラ歌手であるという確証もないようである。なんといっても一番重要なことを彼らは一切しないのである。ちなみにゲネラルプローベ(ゲネ、ゲネプロ)の場面はあるが、本番のシーンはない。「リゴレット」の四重唱という、普通は選ばないであろう場面が選ばれてもいる。

 

実は別の話が浮かぶ可能性がある。ちなみにどちらだとしても出来は良い。どっちを取っても人間讃歌になっている。
作者のロナルド・ハーウッドは「ドレッサー」の人であるという。仕掛けてきたとしてもおかしくない。

「想い出のカルテット ~もう一度唄わせて~」(再演)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

NAVER 【あるある】 47都道府県あるある 千葉県の検証

まとめサイト「NAVER」の【あるある】まとめ、47都道府県あるあるから、私の出身地である千葉県のあるあるの真贋を記したいと思います。

1,出席番号は誕生日順
これは本当です。4月2日に近い誕生日の人が一番若い番号を貰い、その後、出生順に番号が大きくなります。翌年の4月1日に一番近い子が最も大きい番号でした。ただ、これは小学校、中学校までの話で、高校からは他の都道府県と同じく、アイウエオ順になります。
小学校で1年違うとかなり違うので、勉強も運動も出来る子は4月~6月生まれまでの番号の若い子に集中していました。中学校も比較的若い番号の生徒の方が出来る奴が多かったような気がします。中学校はそれまでの自信が現れた結果だと思います。
若い番号の子達は自分達が出来るので群れていることが多かったように思います。そうした子達が早生まれの子達を見下すケースもあり得るので、余り良いことだとは思えませんでした。なお、最近では他の都道府県と同じ、あいうえお順に移行している模様です。

2,給食に麦芽ゼリー
千葉県の給食には麦芽ゼリーなるものが登場します。味は健康飲料の「ミロ」をゼリーにした感じです。結構美味しかった記憶があります。

3,モノレール=ぶら下がり式
千葉市の千葉都市モノレールは懸垂型のモノレールとしては世界最長を誇ります。ですので、モノレールというと懸垂型=ぶら下がり式のものを浮かべるのは普通だと思います。ただ、私の場合だと小学校の頃に羽田空港までレール式のモノレールで行ったことがあり(北海道旅行のため)、千葉都市モノレールが出来たのはその後ですので、モノレールというのはぶら下がり式のものだと決めつけることはしません。

4,埼玉、茨城との三すくみ
千葉と埼玉はライバルとされ、どちらが都会なのかで千葉県人と埼玉県人の間で論争になることがあるようですが、千葉県人も埼玉県は茨城県より上だと認めているし、埼玉県人も千葉県は茨城県より上だと認めている。というものです。
これはちょっと違って、そもそも茨城県を意識することがないというのが一番近いように思います。

5,社会科見学は醤油工場
千葉県といえば醤油ということで、社会科見学は醤油工場が定番です。私は銚子市のヤマサ醤油の工場に行きましたが、野田市のキッコーマンの工場に見学に行く学校もあるようです。

6,出席をとられた時の返事が「はい! 元気です!」
これは本当です。但し、小学校の時だけです。小学校でも6年を通してではなかったように記憶していますが、子供の頃の話なので、何年生から「はい」だけになったのかは記憶が曖昧です。ちなみに風邪を引いている子で正直に「はい! ちょっと風邪気味です」と言う子はいました。私は言ったことはありませんが。

7,ディズニーランド近くていいねと言われがち。でも大して行かない。
大して行きません。東京ディズニーランドは東京23区の隣にある浦安市ですので、千葉市からは決して近くはありません。東京からの方が近いです。

8,MAXコーヒーはジョージアじゃない。
これは千葉県民と茨城県民以外にはMAXコーヒーとは何かということから説明を始めないといけません。MAXコーヒーは利根コカコーラボトラーズが発売している、甘いコーヒーの事です。ミルクと糖分たっぷりで「飲むキャラメル」と言われることもあります。基本的に千葉県と茨城県でのみ発売されています。数年前に全国で発売されたことがあり、京都でもコンビニや自動販売機にMAXコーヒーの缶が置かれましたが、評価がいまいちだったのか、今では京都市内で目にすることはまずありません。
MAXコーヒーは、ジョージアMAXコーヒーとして売られていることもあり、それに大して「MAXコーヒーはMAXコーヒーでジョージアMAXコーヒーではない」という意見です。味は変わらないので私はどちらでもいいと思います。

9,サイゼリアが生活に密着している。
サイゼリアは千葉県発祥のイタリアレストランですが、私の実家がある千葉市郊外の住宅地にはサイゼリアはないので、生活に密着しているとは言えないでしょう。

10,それほどピーナッツは食べない。
ピーナッツは食べますが、千葉県産のものは値段が高いので、基本的に贈答用です。普段は他の都道府県の方々と同じように中国産のピーナッツを食べています。ちなみに千葉県産ピーナッツ専門店は存在します。

11,「あおなじみ」を標準語だと思っている。
あおなじみとは、東京で言う「あおたん」のことです。「青な染み」が語源だと思われます。

12,京葉線の風に対する弱さ。
私は千葉市でも山の手の方の出身ですので、東京湾沿いを走る京葉線に乗る機会は余りないのですが(幕張新都心に行くときぐらい)、京葉線は海からの強風で止まったり、快速が各停運転になることが多いのは知っています。ちなみに京葉線よりも内陸を走る総武線は雪に弱く、大雪だと大体止まります。総武線とほぼ平行して走っている私鉄の京成電鉄はタフで滅多に止まりません。

13,なのはな体操とかいう謎の体操。
UHFの千葉テレビで、よく、なのはな体操の映像が流れています。そのため、なのはな体操のメロディーは千葉県人のほとんどが知っています。ただ、踊れる人が多いのかどうかは知りません。私は、なのはな体操のメロディーは知っていますが、踊ることは出来ません。

14,千葉にあるのにオランダ家。
オランダ家が全国チェーンだと思っている千葉県人は多いようですが、私はそうは思っていませんでした。

15,「ずるこみ」が方言...だと...?
「ずるこみ」という言葉自体使いません。使っていたのは「横入り」でしたね。

16,自分が住んでいる所をチーバくんの部位で説明。
京都に来てから10年以上経つので、チーバくんの存在を知りません。でも千葉市は県庁所在地なので大体の人は場所がわかると思います。

17,「ジョイフル」と言えばファミレスじゃなくてホームセンター
これもよく知りません。ホームセンターといえばケーヨーホームセンター(ケーヨーD2)でした。

18,授業はジャージで受ける。
千葉市に関してはこれは違います。体育の授業が終わったら、そのままジャージ姿で後の授業を受けてもいいということはありました。

19,北部と南部は別の県
北部、特に北西部は言葉も風習も東京とほとんど変わりません。そもそも東京の会社に通勤している人が多いです。北東部と南部は共通語とは違う方言を使います。北東部の方言は茨城弁に似ています。

20,千葉にあるのに東京ドイツ村。もう千葉関係ない
東京ドイツ村は東京からかなり離れた場所にあります。千葉県人でも場所は知っていても行く人はそう多くはありません。
千葉には千葉県なのに「東京」を関した学校も多く、東京情報大学(千葉市)、東京学館高校(酒々井町。ちなみに「しすいちょう」と読み、千葉県北部のほぼ中央にあります)などは、どう考えても東京でない場所にあるのに東京を名乗っています。成田空港はかつては新東京国際空港が正式名称でしたが、現在は成田国際空港が正式名称です。

21,ピーナッツ味噌(味噌ピー)は当然知っている。
ピーナッツ味噌は給食で出るので当然知っています。味噌と言っても味噌汁などに使う味噌ではなく、甘くて粘りけのある液体を使用しています。結構、美味しいです。ただ給食以外で目にしたことは、私はありません。

22,他県民が読めない地名が多い
これはどの都道府県においてもそうだと思います。千葉県の例として、我孫子(あびこ)、誉田(ほんだ)、土気(とけ)、酒々井(しすい)、八街(やちまた)、安食(あじき)、海士有木(あまありき)、東浪見(とらみ)、犢橋(こてはし)、飯山満(はさま)、山武(「さんむ」と「さんぶ」の二つの読み方があります。山武郡は「さんぶぐん」、平成の大合併で出来た山武市は「さんむし」と読みます。歴史的は「さんむ」の方が正統的な読みのようです)、求名(ぐみょう)、匝瑳(そうさ)、大谷流・小谷流(おおやる・こやる)などがNAVERには挙げられています。

23,業間休みとかいう謎の休憩
2時間目と3時間目の間にちょっと長い休憩時間があり業間休みと呼びました。小学校にはありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

江川卓のストレート

怪物と呼ばれた江川卓のピッチング集です。ストレートは映像で見てもホップしているのがわかります。初速と終速の両方が出る場合がありますが、その差は5キロから8キロ。並みの投手だと10キロ以上は差が出るので(藤川球児のストレートは14キロ差がありました)いかにストレートにキレがあったかがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

粗食の実践

若い頃はカロリーの高いものも好きでしたが、不惑を意識するような年齢になると食も細くなってきます。焼き肉などは食べるだけでも結構きついです。

最近は粗食を意識するようになりました。別に宗教的意味はありません。マクロビオティックとも違います。そもそも私はマクロビオティックを信じていません。

でも食べる量を抑えると、噛みしめる一口一口の味わいがより深く感じられます。グルメという言葉は私にとってはもう無縁なのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »