« コンサートの記(84) パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団来日公演2012名古屋 | トップページ | コンサートの記(85) 広上淳一指揮京都市交響楽団第555回定期演奏会 »

2013年3月31日 (日)

無明の日々(13) 在る/見える

私が当然のように知覚できるものが、他の人には全く見えていないことがあって驚かされることがある。そしてまた、逆もあるのだろう。

存在は存在でしかなく、それに解釈を与えるのは人間である。解釈は時に正しく、時に間違いであり、往々にしてどちらでもない。

ないものを見てしまった場合はあるいは有害かも知れない。あなたはあなた自身の幽霊を見たことになり、あなたはあなた自身の限界を示すことになるだろう。

|

« コンサートの記(84) パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団来日公演2012名古屋 | トップページ | コンサートの記(85) 広上淳一指揮京都市交響楽団第555回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無明の日々(13) 在る/見える:

« コンサートの記(84) パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団来日公演2012名古屋 | トップページ | コンサートの記(85) 広上淳一指揮京都市交響楽団第555回定期演奏会 »