« 決定版大河ドラマ全曲集 | トップページ | コンサートの記(87) シャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団演奏会大阪公演2012 »

2013年4月28日 (日)

前田健太 『エースの覚悟』(光文社新書)

今や広島東洋カープのエースのみならずセントラル・リーグのエース、そして日本を代表するエースの一人にまで成長した前田健太。そんなマエケンこと前田健太の投球する際の心がけや、2012年に達成したノーヒットノーランのこと、少年時代の回想、見たり接したりしたプロ野球の選手の姿などを綴ったのが本書『エースの覚悟』(光文社新書)です。

前田健太 『エースの自覚』(光文社新書)前田投手の特徴の一つとして、子供の頃からコントロールに苦労したことがほとんどないということが挙げられます。普通はプロになる投手でもスピードはあってもコントロールがない、コントロールがあっても球威がない、あるいはスピードもコントロールも思うようにいかないところからスタートすることがほとんどなのですが、前田投手の場合はコントロールで苦労したことがないので、スピードを上げることだけに専念出来たということは大きいと思います。前田投手は子供の頃から「プロ野球選手になるのが当たり前」だと思っていたそうですが、コントロールが抜群だったので、自分が投手をやることに疑問を持たなかったのでしょう。しかし、それでもPL学園高校時代には、大先輩の桑田真澄投手の球を受けていたOBが捕手をかってでたりして、「桑田ならここに10球来たぞ」と、伝説的なコントロールの持ち主を比較に出されて、自然にコントロールの精度を高めることが出来るという幸運にも恵まれていたようにも思います。

前田投手はスピードとコントロールは抜群でしたが、変化球を投げるには苦労したようで、スライダーなどは他のピッチャーが絶対にやらないような握りで独自のものを投げます。前田投手の信条として、他の選手の話を聞いたりはするけれど、全てを受けいれるということはないということが挙げられます。何でも取り入れてやろうという良く言えば研究熱心になりますが、悪く言えば思考停止的な面がなく、柔軟な発想が出来る選手であることがわかります。また「僕はまだ全盛期じゃない」といつも自分に言い聞かせており、WBCでベストナインに選ばれても、更に上を追求しようとする姿勢に好感が持てます。

広島東洋カープは13年連続Bクラスが続いており、前田投手は日本シリーズはおろか、クライマックスシリーズでも投げたことがなく、「いい経験をしていない」という自覚が投手タイトルをいくつも受賞しながら、もっと上を目指す原動力になっていることは確かです。

また、阿部慎之助、アレックス・ラミレス、坂本勇人、井端弘和、稲葉篤紀、糸井嘉男といった相手に対する評価、そして田中将大、澤村拓一、斎藤祐樹、吉川光夫といった同じ1988年生まれのプロ野球投手への思いを窺うことも出来る一冊です。

前田健太 『エースの覚悟』(光文社新書) honto

|

« 決定版大河ドラマ全曲集 | トップページ | コンサートの記(87) シャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団演奏会大阪公演2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/57267730

この記事へのトラックバック一覧です: 前田健太 『エースの覚悟』(光文社新書):

« 決定版大河ドラマ全曲集 | トップページ | コンサートの記(87) シャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団演奏会大阪公演2012 »