« コンサートの記(90) レイフ・セーゲルスタム指揮大阪フィルハーモニー交響楽団第465回定期演奏会初日 | トップページ | 観劇感想精選(96) 井上芳雄 朗読活劇レチタ・カルド「沖田総司」 »

2013年6月24日 (月)

コンサートの記(91) レイフ・セーゲルスタム指揮大阪フィルハーモニー交響楽団第465回定期演奏会二日目

2013年2月8日 大阪・福島のザ・シンフォニーホールにて

午後7時からザ・シンフォニーホールで大阪フィルハーモニー交響楽団の第465回定期演奏会を聴く。本当は今日だけ聴く予定だったのだが、昨日間違えて、ザ・シンフォニーホールまで行ってしまい、仕方なく当日券で公演を聴いたのだ。大阪フィルハーモニー交響楽団は、同一プログラムを2回演奏するのが大植英次が音楽監督になってからの慣例なので、昨日と同じ曲目を聴くことになる。

レイフ・セーゲルスタムの指揮。曲目は、グリーグのピアノ協奏曲(ピアノ独奏:小山実稚恵)、セーゲルスタムの交響曲第248番「Errorings of Mirrorings...」、シベリウスの交響曲第5番。

開演の前にプレトークがある。他の楽団はステージ上にマイクを持った当日の指揮者や音楽評論家がプレトークを行うのだが、大阪フィルの場合は2階ホワイエの一部を用いて、大阪フィルの事務局員が曲目の紹介と質疑応答などを行う。演奏事業部部長の福山修氏による曲目の紹介が行われ、セーゲルスタムの交響曲第248番はパートごと、部分ごとに複数の旋律が用意されていて、どれを選ぶかはオーケストラの団員に任されており、結果、オーケストラによって同じ曲が全く別のものになるのだという。
質疑応答。実は昨日も私はプレトークが行われているのを確認しており、その際、大植英次の後任が誰になるのかという質問がなされていたのを聞いている。昨日は軽食を取るため、最後まで話を聞かないで通り過ぎてしまったので、同じ質問を私から福山氏にしてみる。福山氏によると後任を探す作業は行われているが、朝比奈隆、大植英次という伝統を受け継げるだけの指揮者を探しているために時間がかかっているとのことだ。大指揮者から選ぶのか、それとも若い指揮者を抜擢して共に成長する方光を選ぶのかという質問もしてみるが、両方とも大事にしたいという答えだったので、後任はまだまだ見つかっていないようである。そもそも大植英次の後任として万人が納得する指揮者というと大野和士ぐらいしか思い浮かばないが、大野さんが大フィルのシェフを引き受けるとは思えない(後記:大野和士は2015年4月に東京都交響楽団の音楽監督に就任することが2013年5月31日に決定した。フランスのリヨン国立歌劇場の音楽監督との兼任になると思われ、大野が大阪フィルの次期シェフになる可能性は事実上消滅した)。ちょっと異色ながら上岡敏之という手もあるが、上岡さんも大フィルの指揮者になる可能性は低そうである。
個人的には元大フィルの研究生で、若い下野竜也を抜擢して、ともに成長していくという路線が一番納得がいくのだが、こればかりは私が意見してもどうなるものでもない。

今日は指揮者と対面する席での鑑賞である。指揮者と対峙する席は音が散るというデメリットがあるが、指揮者の指示を観察することが出来る、音が立体的に聞こえるという利点もある。今日は下手端の席だったので、ピアノ独奏の小山実稚恵の手の動きを見ることも出来た。

同じ演奏家による演奏なので、急に変わるはずはないが、こちら側の席が変わると、別物に聞こえる。これがライブの良さでもあり、難しさでもある。

グリーグのピアノ協奏曲では、昨日感じたオーケストラのもっさりした感じは受けず、終始、抒情に満ちた演奏に聞こえた。小山美稚恵の超絶技巧も冴えに冴えており、昨日よりは力強さが勝った感じに聞こえた。

小山がアンコールで弾いた、セーゲルスタムの「SEVEN QUESTIONS TO INFINITY」も、小山の手元が見えたので、あの独特の音楽がどうやって生み出されたのかを知ることが出来た。また、最後の鍵盤以外の部分を叩いて出す音は、最初にピアノの右端を叩いてから蓋を閉じ、蓋を叩くという奏法であることがわかった。

 

セーゲルスタムの交響曲第248番「Errorings of Mirrorings...」。昨日聴いたときはどう評価していいのかよくわからなかったが、二日連続で聴くと、独特の美しさを持った曲であることがわかった。繰り返される音の波から不思議な幻想美が浮かび上がる。ただ、ラストでのコンサートマスターによる音階の上昇旋律はなかったので、昨日とは違う譜面で演奏されたのかも知れない。

 

シベリウスの交響曲第5番。昨日とは違って、骨太の演奏に聞こえる。弦の音の時に涼やかで時に透明だ。この曲はホルンが重要で、大フィルはホルンが弱点だったのだが、昨年、若い女性奏者が入ってからホルンも安定した演奏をするようになった。メンバー表によると蒲生絢子という奏者である。逸材なのかも知れない。
今日も充実したシベリウスの演奏。ただ、セーゲルスタムは昨日のように両手を広げて客席からの喝采に応えることはなく、一通りメンバーを立たせると、解散を命じ、コンサートは終了となった。

|

« コンサートの記(90) レイフ・セーゲルスタム指揮大阪フィルハーモニー交響楽団第465回定期演奏会初日 | トップページ | 観劇感想精選(96) 井上芳雄 朗読活劇レチタ・カルド「沖田総司」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/57658236

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートの記(91) レイフ・セーゲルスタム指揮大阪フィルハーモニー交響楽団第465回定期演奏会二日目:

« コンサートの記(90) レイフ・セーゲルスタム指揮大阪フィルハーモニー交響楽団第465回定期演奏会初日 | トップページ | 観劇感想精選(96) 井上芳雄 朗読活劇レチタ・カルド「沖田総司」 »