« 希望・愛・喜びを伝える画家「マッケンジー・ソープ」絵画展 | トップページ | コンサートの記(93) 「ザ・シンフォニーホール特選コンサート Vol.17 山田和樹&山本貴志&大阪フィル」 »

2013年7月 6日 (土)

コンサートの記(92) ピエタリ・インキネン指揮日本フィルハーモニー交響楽団第649回定期演奏会 「シベリウス・チクルスⅢ」

2013年4月26日 東京・溜池山王のサントリーホールにて

サントリーホールで、日本フィルハーモニー交響楽団の第649回定期演奏会い接する。指揮はピエタリ・インキネン。インキネンと日フィルによる「シベリウス交響曲チクルス」3回目にして最終回である。明日も同じ演目でマチネーがあるが、一応、これで今年のシベリウスファン最大の祭典は終わりを告げることになる。

今日演奏されるのは、交響曲第3番、第6番、第7番の3曲、第6番と第7番は続けて演奏される。

ピエタリ・インキネン指揮日本フィルハーモニー交響楽団第649回定期演奏会 「シベリウス・チクルスⅢ」

交響曲第3楽章冒頭、インキネンは余り旋律を歌わせず、誰よりも素朴な表現をする。ただその後の盛り上げ方、音の立体感の作り方は見事だ。とても三十代前半の指揮者の業とは思えない。日フィルも絶好調。シベリウスを演奏している時の日フィルはまさにスーパーオーケストラだ。

交響曲第6番のしっとりとした抒情と詩情、弦の透明さ、木管のリリカルさ、金管の輝き、いずれも文句なし。

交響曲第7番も同傾向で、インキネンのオーケストラ捌きの巧みさにも舌を巻く。

チクルス最終回に相応しい、好演であった。

「シベリウス・チクルスⅡ」の感想は、右下にある「コンサートの記」ではなく、「シベリウス」のカテゴリーをクリックして御覧下さい。

|

« 希望・愛・喜びを伝える画家「マッケンジー・ソープ」絵画展 | トップページ | コンサートの記(93) 「ザ・シンフォニーホール特選コンサート Vol.17 山田和樹&山本貴志&大阪フィル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/57732475

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートの記(92) ピエタリ・インキネン指揮日本フィルハーモニー交響楽団第649回定期演奏会 「シベリウス・チクルスⅢ」:

« 希望・愛・喜びを伝える画家「マッケンジー・ソープ」絵画展 | トップページ | コンサートの記(93) 「ザ・シンフォニーホール特選コンサート Vol.17 山田和樹&山本貴志&大阪フィル」 »