« 観劇感想精選(104) 劇団M.O.P. 「阿片と拳銃」 | トップページ | ブリテン 「戦争レクイエム」 »

2013年11月22日 (金)

ストラヴィンスキー 「ジョン・F・ケネディ(J.F.K.)のための哀歌」

Elegy for J.F.K.
Su testo di W.H. Auden (1964)
Per mezzosoprano e tre clarinetti

When a just man dies,
Lamentation and praise,
Sorrow and joy, are one.

Why then, why there,
Why thus, we cry, did he die?
The heavens are silent.

What he was, he was:
What he is fated to become
Depends on us

Remembering his death,
How we choose to live
Will decide its meaning.

When a just man dies,
Lamentation and praise,
Sorrow and joy, are one.   

|

« 観劇感想精選(104) 劇団M.O.P. 「阿片と拳銃」 | トップページ | ブリテン 「戦争レクイエム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/58620892

この記事へのトラックバック一覧です: ストラヴィンスキー 「ジョン・F・ケネディ(J.F.K.)のための哀歌」:

« 観劇感想精選(104) 劇団M.O.P. 「阿片と拳銃」 | トップページ | ブリテン 「戦争レクイエム」 »