« 笑いの林(26) 「小泉エリVS桜 稲垣早希 ~女の帝の人の戦い~」 | トップページ | コンサートの記(168) 大野和士指揮 京都市交響楽団特別演奏会「第九コンサート」2014 »

2014年12月31日 (水)

笑いの林(27) 「小泉エリVS桜 稲垣早希 ~東の別の院の女の戦い~」

2014年12月13日 愛知県名古屋市の東別院ホールにて

午後6時から、東別院ホールで、「小泉エリVS桜 稲垣早希~東の別の院の女の戦い~」を観る。先月、大阪のテイジンホールであった「~女の帝の人の戦い~」の名古屋バージョンである。エリさんも早希ちゃんも名古屋でレギュラー番組(名古屋ローカル)を持っているため、名古屋でも公演が行われることになった。

MCは、麒麟の田村裕。大阪ではやはり麒麟の川島明がMCを務めていたため、麒麟内でのMCリレーとなる。

冒頭のコスプレ対決は大阪と完全に同じ。早希ちゃんが初音ミクで、エリさんが「千と千尋の神隠し」の顔なしである。

ソロステージもエリさんは大阪でやったのと同じマジックにお菓子の配布という袖の下作戦まで一緒であったが、早希ちゃんは「エヴァンゲリオン」のシンジではなく、「天空の城ラピュタ」のシータのネタ。以前、単独公演でも行っていた演目である。シータがロック歌手になったという設定で、ギターを手に(弾いてはいない)ジブリの楽曲の替え歌を歌う。「君をのせて」、「となりのトトロ」、「もののけ姫」などを歌うが、シータがジブリ映画のヒロインの中で一番可愛いと歌ったり、「となりのトトロ」は単に迷子になる話としたり、宮崎駿の「引退引退詐欺」について歌う。

映像による料理対決とCM制作対決は大阪と同じものが用いられていた。料理対決は審査の対象外であったが、CM製作対決では田村は川島とは違った判定を行っており、エリさんのリードとなる。

続いて、ゲストを招いて、二人一組で回答を行うというコーナー。早希ちゃん側のゲストはアジアン・馬場園。エリさんサイドのゲストはチュートリアルの福田である。

まずはクイズ。エリさんと早希ちゃんが上の句を答え、チュートリアル・福田とアジアン・馬場園が下の句を答える。
「“言葉を交わさなくても察することの出来る間柄”を四字熟語で答えなさい」というもの。答えは「以心伝心」であるが、馬場園は「気分」、早希ちゃんは「補完計画」と当てる気もない「エヴァ」ネタに走ってしまった。馬場園は「『気分爽快』だと思った」らしい。そんな間違いは普通しないものだが。
エリさんは、「黙通」という日本語にはない言葉。福田は「伝信」と漢字を間違えてしまう。ただ似たような言葉が出たということでエリさんチームにポイントが入る。

次は大喜利。「どんな強い相手でも倒せる必殺技は?」(実際の問題は日本語が変であり、田村に「吉本は裏も表もアホか」と言われていた)、馬場園は「さそり」と強そうな言葉を出し、早希ちゃんは「爆雷」と出す。意味はよく分からないが必殺技にありそうだ。
一方、エリさんは「セクシー」と書き、福田は「伝心」と書く。エリさんは矢口真里の「セクシービーム」という答えにしたかったようだ。エリさんと福田は二人で「過激やな」「クローゼットの中でやで」などと話していた。この問題は早希ちゃんチームの勝ち。

続いてクイズ2問目。「『ガンダム』で、“赤い彗星”とも呼ばれるキャラクターは?」。正解は「シャア・アズナブル」で、下の句を担当したチュートリアル・福田と早希ちゃんは「アズナブル」と正解したが、上の句を担当したエリさんと馬場園は、「アムロ」、「獣心サンダー」と書いて不正解であった。ガンダムのキャラクターが出たということでエリさんチームの勝ちとなる。

2度目の大喜利、「陰で言われていたら嫌なあだ名」。エリさんチームは、エリさんが「さむらごうち」、福田が「井上」で確かに嫌そうである。
早希ちゃんチームであるが、早希ちゃんは「エリ」と思いっ切りエリさんの名前を出してしまう。

続いて「女子力対決」。女子力の高い対応の仕方が書かれた本があるというので、その本に近い答えをした人が勝ちとなる。ちなみに女子力に関する本であるが、著者は男性だという。

早希ちゃんとエリさんの対決は、「『酒に酔ったな』『これからホテル行く?』と好意を抱いている人から誘いを受けた時」への対応。田村が男を演じる。田村は「エリと早希の区別がつかん。二文字だから似てる」と言って、早希ちゃんに向かって「エリちゃん」と呼びかけ、早希ちゃんからは「早希です」、エリさんからは「あたしこっち!」と指摘される。
「これからホテル行く?」と言われた早希ちゃんは「いいよ」と即答してしまい、味方のはずのアジアン・馬場園から「尻軽」などと言われてしまう。早希ちゃんは本当に行くかどうかは別として取りあえず好感度を上げたいとのこと。
エリさんは「ホテル行って何するのかな?」などと慎重な姿勢を崩さず。
お手本であるが、基本的には受けるが様々な質問をして相手の心情を探るのがいいらしい。

次は馬場園と福田の対決で、「彼がクリスマスに出張が入ってしまい、『どうしても行けない』と言ってきた時」の対応。馬場園が「出張ってどこ?」と聞くと田村は「神奈川」と答えてしまい。馬場園から「めっちゃ近くやん」と突っ込まれる。田村は「神奈川」しか地名が思い浮かばなかったらしい。馬場園は「他の日をクリスマスにするから良い」と答えた。
福田はオネエという設定だが、いきなり田村の股間を触る。
お手本は、ごねるが最後は「お土産忘れないで」と送り出す、である。

エリ早希の対決。「彼氏から『お前、俺に無断で合コンに行っただろう?』と言われた時の対応。早希ちゃんは「行ったよ」とまたもあっさり認めてしまう。「でも、他の男と比べて裕が一番だってことを確かめに行ったんだ」と続けて、田村から「そんなわけあるか! それからすぐ認めるの止めなさい」と駄目出しされる。早希ちゃんは「合コンをするのがやましいことではないと思っているわけで」と反論するが認められなかった。
エリさんは、「仕事をしていた」の一点張りで合コンには行っていないと主張する。
模範解答は、自分を合コンに行くほど寂しくさせないで欲しいというものであるが、田村は「これ、共感する人いるんでしょうか?」と疑問を呈していた。

最後は、「『元カノのことが忘れられない』と男友達から相談を受けた時」。福田はまた「ひろしー」と田村の股間を触りに行く。馬場園も自己アピール系であったが、模本解答は、「自分に下心があって言っているかも知れないので、自分のことをアピールするのはNG」だという。

ラストはイントロクイズ。大阪とは違い、お手つきをしても罰ゲームである。

第1曲。私はすぐにわかったが、早希ちゃんが「らんま1/2」の主題歌だと解答。逆に私はその曲を知らない。早希ちゃんは不正解。正解はピンクレディーの「UFO」である。早希ちゃんはアニメが好きなので、今日のBGMのある部分が「けいおん」の楽曲だと当てていたが、得意分野に足を掬われたのかも知れない。
罰ゲームは大阪同様、タイトルをめくると内容が表示される。エリさんは「童心罰ゲーム」を選ぶ。めくると書かれていたのは「洗濯ばさみミニ四駆」。体のある箇所に洗濯ばさみを挟み、紐で繋がったミニ四駆で引くというもの。エリさんが「乳輪占い」の本を出しているため、早希ちゃんは胸を押さえて「嫌です、嫌です」とボケるが、田村は「乳首なんてようせんよ。森三中でもようせんわ」と言い、鼻柱に洗濯ばさみを付けることになる。だが、ミニ四駆がゆったりと走って紐がピンと張って止まった状態になっても早希ちゃんは特に痛くもなく、中途半端な結果になる。早希ちゃんが「もっと手前から(早希ちゃんに近い方から)やらな」、田村が「(洗濯ばさみの付け方が)深すぎるんよ」と言ってもう1回やることになるが、結果は同じ。罰ゲームはある意味、芸人にはおいしいのだが、折角体を張ったのに失笑を買っただけで終わりになってしまった。早希ちゃんは「カーペットの上だから走らない。ミニ四駆を舐めたらあきまへんよ」と不満を述べる。

2曲目。エリさんが、「いきものがかりの『ありがとう』」と答えて正解。エリさんはそのまま熱唱に入るが、歌詞を覚えていないため、田村に「ちゃんと歌えてへんやないか!」とハリセンで叩かれる。
答えられなくても罰ゲームということで、エリさんは「克服罰ゲーム」を選ぶ。めくると「そうめんピーマン」という謎の文章が。実はエリさんの苦手な食べ物が「ピーマン」、早希ちゃんの嫌いな食べ物が「そうめん」だったので、それを両方合わせたものを食べるのだという。早希ちゃんは以前、そうめんが嫌いな理由について「細さが駄目」と語っていたが、今日は「そうめん見ると、犬のフィラリアを思い出す」と別の理由を挙げていた。食べ終えた早希ちゃんは「不味い」と一言。

3曲目、エリさんが、 「TRFの『寒い夜だから』」と答えるも不正解。イントロを最後まで聴くも二人とも正解は出せなかった(正解はEXILEの「チューチュートレイン」)。早希ちゃんは「美術罰ゲーム」を選ぶ。予想通り「顔面書道」である。
早希ちゃんはエリさんの顔に墨で「ジョージ」と書く。エリさんの父親でマジシャンの横木ジョージのことである。

4曲目、カラオケ人気ランキングの上位に常に入っている定番曲なので、私もわかったし、エリさんも早希ちゃんもわかったが、マイクを先に取ったのはエリさん。「ハナミズキ」と答えて正解。エリさんは一青窈の真似をしてしゃがんだ状態で熱唱。ただ田村に「物真似入りすぎ」とハリセンで叩かれていた。
罰ゲームは吉本の王道である尻バット。勿論、プラスティックのバットでであるが、エリさんが思いっ切り振ったので、早希ちゃんは前に倒れ込み、しばらく悶絶状態であった。

結果であるが、最後のイントロクイズで2曲を取ったエリさんの勝利となる。エリさんは「ホームの名古屋で勝てて」とコメントして田村から「京都生まれの大阪芸人のホームがなんで名古屋やねん」とツッコミを入れられるが、エリさんが有名になったのは名古屋のテレビ局が作った番組に出演したためで、ある意味、関西以上にホームではある。

早希ちゃんは「今日は負けましたが、他のことでは勝ちたいですね」とエリさんがレギュラーを持っている番組の後継に4月からなりたいと語る。早希ちゃんは名古屋ローカルの「日曜なもんで」という番組にレギュラー出演しているため、田村から「リアルやな。本当に4月から替わってたらどうしよう」と言う。

ちなみにアジアン・馬場園も名古屋でレギュラー番組を持っているそうだが、チュートリアルは徳井だけが名古屋で番組レギュラーだそうで、福田は「僕も出られるようになりたいです」と語った。

|

« 笑いの林(26) 「小泉エリVS桜 稲垣早希 ~女の帝の人の戦い~」 | トップページ | コンサートの記(168) 大野和士指揮 京都市交響楽団特別演奏会「第九コンサート」2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑いの林(27) 「小泉エリVS桜 稲垣早希 ~東の別の院の女の戦い~」:

» 桜 稲垣早希 最新情報 - Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 [Nowpie (なうぴー) お笑い芸人]
桜 稲垣早希 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2015年1月22日 (木) 06時07分

« 笑いの林(26) 「小泉エリVS桜 稲垣早希 ~女の帝の人の戦い~」 | トップページ | コンサートの記(168) 大野和士指揮 京都市交響楽団特別演奏会「第九コンサート」2014 »