« コンサートの記(188) 井上道義指揮大阪フィルハーモニー交響楽団第487回定期演奏会 | トップページ | モーニング娘。’15 「青春小僧が泣いている」(プロモーション・エディット) »

2015年5月 3日 (日)

これまでに観た映画より(74) 「忌野清志郎 ロックンロールショー The FILM~#1入門編~」

2015年2月11日 TOHOシネマズ二条にて鑑賞

午後6時20分から、TOHOシネマズ二条で、映画「忌野清志郎 ロックンロールショー The FILM ~#1入門編~」を観る。死後も人気が衰えないどころか再評価の動きも高まっている忌野清志郎。彼が残したライブ映像を編集してライブ仕立てで行うフィルムコンサートである。主な舞台は日本武道館、西武ライオンズ球場(現・西武プリンスドーム)、日比谷野外音楽堂、東京体育館、NHKスタジオ、フジロックフェスティバル、札幌市民会館(清志郎のライブをもって閉館。その後、同じ場所に札幌市民ホールがオープン)、旧渋谷公会堂など。

1982年から2008年までの映像が用いられている。「りぼん」や「うむ」時代に清志郎のマネージャーをしていた片岡たまきによると、清志郎はライブを毎回録画しており、ライブが終わると当日の映像をホテルの一室で見て、部屋を訪ねた仲間達と反省会のようなことを行っていたという。そのため、現在では見つかっていない清志郎のライブ映像が残っている可能性もある。

2006年に大阪で行われたファンクラブの催しの質問コーナーで、8歳の女の子が「清志郞さんはなんでいつもメイクをしているんですか?」と質問している。清志郎は、「いい質問だね」と言った後で、「それはね、メイクをしている時に売れてしまったからだよ」と答え、「その後はせざるを得なくなった」と続けている。ただ、普段の清志郎は真面目で物静かな人物であり、ライブにおける派手な清志郎のテンションにまで自分を高めるためにはメイクが必要だったのかも知れない。

帰りに清志郎の缶バッチ3個セット(600円)を買う。

|

« コンサートの記(188) 井上道義指揮大阪フィルハーモニー交響楽団第487回定期演奏会 | トップページ | モーニング娘。’15 「青春小僧が泣いている」(プロモーション・エディット) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/61529928

この記事へのトラックバック一覧です: これまでに観た映画より(74) 「忌野清志郎 ロックンロールショー The FILM~#1入門編~」:

« コンサートの記(188) 井上道義指揮大阪フィルハーモニー交響楽団第487回定期演奏会 | トップページ | モーニング娘。’15 「青春小僧が泣いている」(プロモーション・エディット) »