« コンサートの記(195) パーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団来日演奏会2013京都 | トップページ | ブルース・スプリングスティーン 「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」 »

2015年6月27日 (土)

体温のエクリチュール

エクリチュールにおいては乖離と落差こそが最も注目に値するものである。

|

« コンサートの記(195) パーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団来日演奏会2013京都 | トップページ | ブルース・スプリングスティーン 「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体温のエクリチュール:

« コンサートの記(195) パーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団来日演奏会2013京都 | トップページ | ブルース・スプリングスティーン 「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」 »