« コンサートの記(200) 広上淳一指揮京都市交響楽団第6回名古屋公演(2015) | トップページ | アリス=紗良・オット(ピアノ) リスト 「愛の夢」第3番 »

2015年8月25日 (火)

笑いの林(51) 「関ズミ∞ライブ」第2回公演

2015年8月8日 よしもと祇園花月にて

午後7時から、よしもと祇園花月で「関ズミ∞(かんずみエイト)ライブ」第2回公演を観る。関西在住の吉本住みます芸人達によるライブ。関ズミ∞というのは関ジャニ∞のパクリである。

出演:タナからイケダ(京都住みます芸人)、わんだーらんど(和歌山住みます芸人)、SPAN!(大阪住みます芸人)、山田スタジアム(兵庫住みます芸人)、十手リンジン(奈良住みます芸人)、月亭八斗(兵庫住みます芸人)、月亭太遊(京都住みます芸人)、ファミリーレストラン(滋賀住みます芸人)

前半はタナからイケダの田邊孟德が司会を務め、各地の住みます芸人の紹介をする。前回の「関ズミ∞ライブ」から、交代があったのは二組。まず十手リンジンがゆりやんレトリィバァ(奈良県出身)に変わって奈良住みます芸人になり、かわばたくんが兵庫住みます芸人を卒業して(だが未練があるようで今も兵庫県在住だそうである)月亭八斗が兵庫住みます芸人になり、田舎の代名詞でもある(丹波)篠山市に住んで活動をしているそうだが、短期の赴任であり、先月、篠山市に来たばかりだが、来月にはもう大阪に帰る予定だという。ちなみに駅から遠いところに住んでいるそうで、普通の事務所なら車で迎えに来てくれるはずなのだが、吉本なので自転車支給であり、月亭八斗は「自分は運動をやっていたし体力に自信があるからいいか」と思ったものの、片道1時間半掛かったそうで、そこからJRと阪急を乗り継いできたものの、片道3時間掛かったそうである。

山田スタジアムは阪神タイガース芸人であり、私もスワローズのYAMADA(山田哲人)の背番号23が入ったレプリカユニフォームを持っているため折角なので着ていく。誰か突っ込むだろうと思っていたが、真っ先に気が付いたのはSPAN!のマコトで、山田スタジアムは私の着ていたスワローズのユニフォームがYAMADAのものであることには気が付かなかったが、隣りにいた十手リンジンの二人が胸番号23であるのに気付いて山田スタジアムに「山田のだ」と教えていた。
ちなみに、SPAN!のマコトは仕事で右足首を骨折したそうで、最初に登場したときには松葉杖を突いていた。

まず、住みます芸人によるネタ。

トップバッターは、十手リンジン。奈良は空気が良いというので、二人で美味しい空気を吸い込むが、まだ奈良に出掛ける前で、奈良に向かう大阪の始発駅である近鉄鶴橋駅だったということで、西手が「俺ら焼肉の匂い吸ってたんかい!」と突っ込む(鶴橋は西日本最大のコリアンタウンである)。続いて、奈良で美味しい空気を吸い込むことにするのだが、実はまだ電車から降りていなかったというオチがある。

自然が綺麗なので子供の頃の遊びをしようということになるのだが、結構スベる。十田は大学まで陸上(長距離)の選手だったというので、今日も「その場から移動せずに全力ダッシュ」のネタをやっていた。

SPAN!。マコトは松葉杖を使わず、足を引きずりながらではあったが、歩いて登場した。水本は歩きスマホをよくしていしまい、その理由はスマホゲームに夢中になってしまうからだという。マコトは自分達が主人公になったスマホゲームを作ったら人気が出るというので、マコトが居眠り運転防止ゲームというものを提案する。マコトが車を運転するのだが、居眠りしそうになる。そこで水本が「起きろ!」と言って起こすというゲーム。水本は「自分が出てこない」と文句を言うが、取りあえずやってみる。だが、1回目はマコトが居眠りすることなくクリア。ちなみにクリア出来ないとメモリーが全て飛んでしまうという罰ゲームがあるそうだ。ちなみにマコトが居眠りして人を轢いてしまうが、それが水本だったということで、水本は「俺、ここで出てくんのかい!」と突っ込んでいた。

山田スタジアム。阪神タイガースあるあるネタ。まずは「雨男雨女」。今季のプロ野球の先発投手で、雨天により登板がなくなったのは、5試合の辛島(楽天)がトップ。2位が同じく楽天の則本と広島の前田健太だという(2015年8月8日時点。やはりというべきだろうがドーム球場を本拠地にしているチームの投手は入っていない)。だが、雨男雨女が「お前のせいで試合がなくなった」と言われるのは理不尽。その日中止になる試合を観る予定だった4万7千人全員が雨男雨女ということになるだろうと山田。
「お前が観に行ったから負けた」というのも納得がいかないが、「俺が観に行くと絶対に阪神が勝つ」という人については「だったら毎試合観に行ってくれ。絶対優勝する。5億出して外国人選手雇うよりずっと効率が良い」と主張する。
ちなみに、「代わったところに打球が飛ぶ」というのも嘘で「レフト、マートンから俊介に代わった時、一個も打球飛んでこうへんかった」と言う。だが、代わったばかりの選手というのは打球に目が慣れていないためミスを犯す可能性は他の選手より高く、バットコントールに自信のある選手は代わったばかりの選手のいる方を狙って打つということは当然ながらある。俊介は好守の選手なのでマートンの方がエラーをしやすいのにわざわざ狙い打つ意味はないと思うが。
「10年に1人の逸材」といわれるドラフト候補選手がいるが、ここ10年のドラフトで、主力に成長した逸材は毎年出ており、2012年に至っては各チームのエースが目白押しという状態で、1年に何人も逸材は出ているということになる。

月亭太遊。謎かけをすると言ってお題を募集するが、「映画」というお題には「最近、『進撃の巨人』という映画を観たのですが、制作費を掛けた割りには……」という単なる感想。「住みます芸人」というお題に関しては「最初の方は力を入れていたのですが、最近はおざなりになっている地方もあるようで」という単なる状況説明。謎かけは行われなかった。

京都というと辻あやののイメージがあり、どんな曲でも辻あやの風に歌えると月亭は言うが、結局歌えるのは自分で決めた長渕剛の「シャボン玉」だけ。辻あやのにも特に似てはいない。

わんだーらんど。和歌山にも外国からの観光客が増えているというので、東岸誠(とうぎし・まこと)が英語で和歌山の良さを伝えると言い出す。しかし「高野山」については、「メニーメニーボウズ」「スカイシー、スーパーボウズ」と言って、相方の谷坂俊輔に「なんで、空海を空と海に分けんねん?」と突っ込まれる。
白浜の紹介もテレビCMで使われている英語を使うだけ。
ただ、徳川吉宗については、「He is 8th TOKUGAWA Shogun minister.Born in Wakayama.」という風に詳しく語る。徳川吉宗について聞かれることが多いので詳しくなったという。
しかし、和歌山城の英語の説明も「Wakayama Castle」ではなく、「Yoshimune's House」になってしまう。
ちなみに太子町は「メニーメニー、シーシェパード」になるというブラックな展開になった。

月亭八斗。「月亭太遊」とは違い「歌は唄いません」と言うが、丹波篠山のデカンショ節を歌うことになり、デカンショ節の歌詞は300番まであるのだが、その後更に長くなり、英語バージョン、韓国語バージョン、サウジアラビア語のバージョンも出来たといって出鱈目な歌詞で歌うのだが、新たに出来たデカンショ節の歌詞は八斗が夢の中で見ていたものだったという、夢オチとなった。
その後、ウーイェイよしたかの真似で、この間も別の落語家がやっていた有閑マダムに関する小咄をやる。
「この絵はルノワールでございますわね」「その通り、ルノワールでございます」「この絵はゴッホでございますわね」「いかにも、ゴッホでございます」「この絵はピカソでございますわね」「いえ、奥様、それは鏡でございます」

タナからイケダ。「関ズミ∞ライブ」のために作った新作である。田邊が「女性は噂話が好きというイメージがある」というので、二人でOLに扮し、噂話をすることにするのだが、田邊が「佐々木部長、浮気してるらしいわよ」と言い、池田が「えー! まじー!」と返すが、「今なんて言ったの?」と続けて、実は声が小さくて聞こえなかっただけだったということになる。その後も、田邊「リナって不倫してるんだって」、池田「本当に? リナ本当なの?」と当の本人がそばにいるという設定に何故かなってしまう。

その後、田邊「奈良さんって仏像磨くのが趣味なんですって」、池田「きっしょーい!」、田邊「普段鹿に乗ってるらしいわよ」と奈良ネタになり、
田邊「和歌ちゃん、この間、蜜柑食べて手が真っ黄色になってた」、池田「きっしゅー(紀州)!」
田邊「滋賀さんって良くない?」、池田「えー、でもこの間、シャワーの水止められたって」と関西ネタに入る。
田邊が「関西のこと悪く言うのやめよう。京都さん、大阪さん、兵庫さんのことも言わないといけない」と言うが、池田は「京都さんに、大阪さん、兵庫さんでしょう。すっごく良い人」と言って、田邊に「他の県、思いっ切り見下してるやん」と突っ込まれる。池田は「京都さんって、凄く良い人。この間、家に遊びに行ったら、ぶぶ漬け出されちゃった」言うが、田邊は「京都でぶぶ漬け出されたら『帰れ』いうことやろ」と突っ込む。
最後は田邊が「東郷さん、私のこと狙ってるみたい」というのだが、実は東郷さんというのはデューク東郷のことで、狙っているというのも「狙撃しようとしている」という意味なのだった。

トリはファミリーレストラン。下林が「今年で、滋賀住みます芸人4年目」と言うと、原田が「琵琶湖大橋みたい」と応える。「とても長い」という意味らしい。
「滋賀県の人の心は『コンビニの駐車場みたい』」は「おそろしく広い」という意味。「JR大津駅前」は「寂しい」の言い換え、「ピエリ守山」は「大丈夫?」ということの比喩らしい。「赤こんにゃく」については「意味あるの?」と疑問を呈してしまう。

 

軽演劇「関ズミレンジャー2」

タナからイケダの田邊がバイトの面接を受けている。田邊は京都府亀岡市出身(これは本当である)で、軽作業ということだったので週6日入れると担当者である月亭太遊に告げる。月亭太遊は「京都府出身で週6日入れるなら合格」と言って(他にも、タナからイケダという芸人は亀岡光秀まつりでは手を抜いているという嘘か本当かわからない話もあった)、実は募集しているのは関ズミレンジャーだと打ち明ける。田邊はヒーローショーか何かへの出演だと思うが、怪人軍団と実際に戦うそうで、月亭太遊は「京都のかわばたくんは亡くなった」と語る。田邊は「死んでるやん! しかも兵庫じゃなくて京都の?」

ここで、関ズミレンジャー達が登場する。ブラックバスブラック(ファミリーレストラン・原田)、白浜ホワイト(わんだーらんど・東岸)、奈良の大仏ゴールド(十手リンジン・西手)、HEPFIVEレッド(SPAN!・マコト。車椅子に乗って登場。「室伏広治似の男」にやられたという設定である)、阪神タイガース縦縞(山田スタジアム)で、5人合わせて「関ズミレンジャー」であるが、この「関ズミレンジャー」のポーズを何度もやる。ちなみに前回の関ズミレンジャーで原田が演じていたブルーギルブルーはブラックバスブラックの双子で、その後、殉職したという。ブラックバスブラックも琵琶湖の水を止められるが、更にJR湖西線の電車も止めることが可能だそうである。原田は今日も奈良と和歌山のレンジャーに、「下がれ! 関西の二軍ども!」と言って、ステージ上にいた全員から「滋賀も二軍やろ!」と突っ込まれる。

ちなみに怪人軍団であるが、室伏広治似の「ぐりこ怪人」をSPAN!の水本がやる。道頓堀のグリコの看板のポーズをするのだが、上げる脚が逆である(看板は左脚を上げているのだが、水本は右脚を上げていた。ただ、「グリコ」でなく「ぐりこ」なので別にいいだろう)。ちなみに出オチというやつで、水本が出てきた瞬間から笑いが起こっていた。

だが、水本が現れても、関ズミレンジャー達は、田邊の色と名前を決めるのに一生懸命で、水本は基本、無視される。「天下一品北白川総本店のこってりラーメンの色ゴールド」、「天下一品北白川総本店ホワイト(北「白」川であるため。ちなみに天下一品北白川総本店の住所は北白川ではなく、「ラーメン大国」として知られる一乗寺である)」などという提案があるが、結局、田邊は宇治茶グリーンに決まる。

怪人軍団であるが、西宮の野々村元県議(月亭八斗)、奈良の鹿温泉健康ランド(十手リンジン・十田)、清水の舞台から飛び降りたい男(タナからイケダ・池田)、和歌山・井出商店(和歌山ラーメン発祥の地とされる有名ラーメン店)店員(わんだーらんど・谷坂)という妙な面々。更にファミリーレストラン・下林は本人として出演する。怪人ではなく普通の人が大半である。

なぜか「住みます芸人あるある対決」をやることになり、月亭太遊が審判員をすることになるのだが、「住みます芸人あるある」なので一般の観客は何のことかわからないことも多い。取りあえず、「大きなイベントだと住みます芸人を差し置いて有名芸人が司会をする」、「一社提供の番組に出るためには社長と仲良くなっておいた方がいい」らしい。

5対1で、関ズミレンジャーチームの勝利。怪人軍団は巨大風船を割れるまで持ち続けるという罰ゲームを受ける。最後は月亭太遊が棒の先を風船に刺して割った。

|

« コンサートの記(200) 広上淳一指揮京都市交響楽団第6回名古屋公演(2015) | トップページ | アリス=紗良・オット(ピアノ) リスト 「愛の夢」第3番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑いの林(51) 「関ズミ∞ライブ」第2回公演:

« コンサートの記(200) 広上淳一指揮京都市交響楽団第6回名古屋公演(2015) | トップページ | アリス=紗良・オット(ピアノ) リスト 「愛の夢」第3番 »