« コンサートの記(240) 「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2016」 大植英次指揮大阪フィルハーモニー交響楽団 リヒャルト・シュトラウス アルプス交響曲 | トップページ | 笑いの林(66) 「新世界よしもとライブ」2016年4月2日 »

2016年5月15日 (日)

コンサートの記(241) 「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2016」 アンヌ・ケフェレック ピアノ・リサイタル「水の物語」

2016年4月30日 滋賀県大津市のびわ湖ホール中ホールにて

午後2時15分からはびわ湖ホール中ホールで、アンヌ・ケフェレックのピアノ・リサイタル「水の物語」を聴く。水を題材にした作品を連作にしたリサイタル。偶然かどうかはわからないが、フランス人の後輩ピアニストであるエレーヌ・グリモーも同様のコンセプトのCDを最近リリースしている。
CD録音が少ないということもあって、一般的な知名度はそれほど高くないアンヌ・ケフェレックであるが、熱心なクラシックファンの間ではお馴染みの名前である。
今も華奢だが、90年代にNHK交響楽団の定期演奏会にソリストとして客演したケフェレックの容姿をN響首席オーボエ奏者の茂木大輔は「フランス人形のような」と形容していた。
サティ、ドビュッシー、ラヴェルというフランス近代音楽の他にバロック音楽なども得意とするピアニストである。
曲目は、ドビュッシーの「水の反映」、ドビュッシーの「オンディーヌ」、ドビュッシーの「沈める寺」、ケクランの「漁師たちの歌」、ラヴェルの「海原の小舟」、リストの「悲しみのゴンドラ」、リストの「波の上を渡るパラオの聖フランチェスコ」。なお当初は2曲目が「沈める寺」、3曲目が「オンディーヌ」であったが入れ替わりとなった。
びわ湖ホール中ホールは基本的に演劇用のホールであるが音響に特に問題はない。

ケフェレックの意思により拍手は全曲が終わってからにして欲しいということになる。


フランス人ピアニストらしい煌びやかで浮遊感のある音を生み出すケフェレック。基本的に響きで聴かせる曲が多いが、ケクランの「漁師たちの歌」にはシャンソンのような洒落た旋律が登場し、リストの「波の上を渡るパラオの聖フランチェスコ」では雄渾な歌がある。


カーテンコールに現れたケフェレックは、3度目に登場した時に、左手の腕時計の位置を指して、「まあ、もう時間がない!」というジャスチャーをしてピアノに自ら拍手を送り、終演となった。

|

« コンサートの記(240) 「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2016」 大植英次指揮大阪フィルハーモニー交響楽団 リヒャルト・シュトラウス アルプス交響曲 | トップページ | 笑いの林(66) 「新世界よしもとライブ」2016年4月2日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/63634773

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートの記(241) 「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2016」 アンヌ・ケフェレック ピアノ・リサイタル「水の物語」:

« コンサートの記(240) 「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2016」 大植英次指揮大阪フィルハーモニー交響楽団 リヒャルト・シュトラウス アルプス交響曲 | トップページ | 笑いの林(66) 「新世界よしもとライブ」2016年4月2日 »