« 斉藤和義 ギター弾き語り「ずっとウソだった」 | トップページ | 笑いの林(67) 「新生紀ドラゴゲリオンZ 第26話 大阪劇場版」 »

2016年5月18日 (水)

清少納言とは違うけれど

春の夕暮れが一番好きだ。「秋よりも薄く淡い夕焼け」「何かが始まりそうな予感」「帰宅する若者たちの希望に満ちたた声」何もかもが好きだ。

春の夕暮れは私がまだ今よりかは幾分憂いに慣れていなかった頃を思い出させる。「明日は今日より良いはず」「夕暮れの向こうに良き明日がある」「悪夢よりも鮮明な幸福がいつか」。そんな無邪気さとは違った切願を抱いていた日々の記憶を。

|

« 斉藤和義 ギター弾き語り「ずっとウソだった」 | トップページ | 笑いの林(67) 「新生紀ドラゴゲリオンZ 第26話 大阪劇場版」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/63650135

この記事へのトラックバック一覧です: 清少納言とは違うけれど:

« 斉藤和義 ギター弾き語り「ずっとウソだった」 | トップページ | 笑いの林(67) 「新生紀ドラゴゲリオンZ 第26話 大阪劇場版」 »