« マイノリティーとしての「知」 | トップページ | 名など »

2016年6月21日 (火)

村上春樹 「パン屋最襲撃」に関する覚え書き

戦中はナチス・ドイツ的なるもの(ワーグナーの音楽に象徴される)を受け入れ、戦後はアメリカ文化のそのもの(マクドナルドとコカ・コーラ)に染まってしまい、そのことに無意識もしくは無関心なまま(眠り続ける男女がそれだ)でいる民衆。そんな寓話。

|

« マイノリティーとしての「知」 | トップページ | 名など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/63809916

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹 「パン屋最襲撃」に関する覚え書き:

« マイノリティーとしての「知」 | トップページ | 名など »