« コンサートの記(307) 「長富彩 ピアノ・リサイタル ベートーヴェンからリストへ -古典派からロマン派への転遷-」 | トップページ | 観劇感想精選(219) 下鴨車窓 「渇いた蜃気楼」2017大阪 »

2017年7月 9日 (日)

コンサートの記(308) シュテファン・ザンデルリンク指揮 ハンブルク交響楽団来日演奏会2017京都

2017年7月3日 京都コンサートホールにて

午後7時から京都コンサートホールで、シュテファン・ザンデルリンク指揮ハンブルク交響楽団の来日演奏会を聴く。

ハンブルク交響楽団が来日するのは今回が初めて。

ザンデルリンクファミリーの一人で若い頃からレコーディングなども行っているシュテファン・ザンデルリンク。以前に大阪センチュリー交響楽団(現・日本センチュリー交響楽団)を指揮した演奏会を聴いたことがある。

演目は、ベートーヴェンの「エグモント」序曲、ベートーヴェンの交響曲第5番、ブラームスの交響曲第1番。


チェロを前面に出したアメリカ式の現代配置での演奏。今日のザンデルリンクは全編ノンタクトで指揮する。


今日はステージをすり鉢状にはしていないが、残響は長い。昨日、一昨日とロームシアター京都メインホールでの京都市交響楽団の演奏を聴いたが、残響が短かったため、残響長めのホールで聴くとホッとする。京都コンサートホールがやはり私のホームなのだと確認した。


「エグモント」序曲。ハンブルク交響楽団は渋めの響き。弦は琥珀のような独自の輝きを持っている。
ベーレンライター版の楽譜を使っていたと思われるのだが、ピッコロはさほど目立つ活躍はしていなかった。譜面を改変したのかも知れない。
熱気をそれほど表には出さない端正な演奏である。


ベートーヴェンの交響曲第5番。運命動機のフェルマータは長く伸ばすが、フォルムを自在に変える演奏であり、復古的なスタイルではない。ピリオド・アプローチを援用しており、弦楽はビブラートを控えめにしてボウイングもモダンスタイルとは異なるものだったが、ピリオドスタイルを前面に出したものではない。
ゲネラルパウゼを長めに取ったかと思えば繰り返しでは間を詰めたりと、即興性を重視しているようである。
第4楽章ではベーレンライター版の音型反復を採用(ブライトコプフ版では、「タッター ジャジャジャジャン タッター ジャジャジャジャン)と運命動機の音型で返すところを「タッター タッター タッター タッター」と同音型で返す)。ピッコロの浮かび上がりはラストのみ採用と、様々な版から取捨選択を行っていることが窺える。


ブラームスの交響曲第1番。強靱なフォルムを彫刻することに心を砕いた演奏である。
テンポは中庸であり、ピリオド的な要素もほぼない。渋い音色を生かしたロマン的な演奏だが、作品にのめり込み過ぎることはなく、音像そのものの美しさを生かしたものとなっている。


アンコールはモーツァルトの「フィガロの結婚」序曲。ティンパニの音が硬めであり、弦楽のビブラートも押さえた演奏。ロココ的な良さが十分に出た演奏だった。

|

« コンサートの記(307) 「長富彩 ピアノ・リサイタル ベートーヴェンからリストへ -古典派からロマン派への転遷-」 | トップページ | 観劇感想精選(219) 下鴨車窓 「渇いた蜃気楼」2017大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/65514157

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートの記(308) シュテファン・ザンデルリンク指揮 ハンブルク交響楽団来日演奏会2017京都:

« コンサートの記(307) 「長富彩 ピアノ・リサイタル ベートーヴェンからリストへ -古典派からロマン派への転遷-」 | トップページ | 観劇感想精選(219) 下鴨車窓 「渇いた蜃気楼」2017大阪 »