« プロ野球 セントラル・リーグの愉しみ(2) ジャイアンツ、タイガース編 | トップページ | 外国語を学ぶということ »

2018年1月21日 (日)

プロ野球 セントラル・リーグの愉しみ(3) ドラゴンズ、スワローズ編

※ この記事は2017年12月15日に書かれたものです。


中日ドラゴンズは、中京圏唯一のプロ野球団です。大都市圏に1チームというのは恵まれていることでもありますが、タニマチが幅を利かせやすいという難点があり、ドラゴンズの場合はタニマチがスターティングオーダーに容喙することが問題視されたりもしました。

名古屋でメイダイといえば名古屋大学(名大)のことなのですが、ドラゴンズはメイダイではメイダイでも明治大学(明大)出身者が多いのが特徴です。「燃える男」星野仙一を始め、初代エースの杉下茂、初優勝時の監督である天知俊一、牧野茂、川上憲伸、筒井壮(星野仙一の甥)、小笠原孝、岩田慎司、柳裕也らが明治大学野球部OBです。

本拠地は中日球場、ナゴヤ球場を経て、現在はナゴヤドームでホーム試合を行っています。

1954年の初優勝・初日本一以降、リーグ優勝はするものの日本一は逃すというパターンが続いていましたが、2007年はシーズン2位ながらクライマックス・シリーズで逆転、日本シリーズでも山井大介、岩瀬仁紀の継投パーフェクトがあるなど北海道日本ハムファイターズを圧倒して実に53年ぶりの日本一になりました。ただシーズン1位通過での日本一は今なお1954年が最後です。

近年では広いナゴヤドームを本拠地としていることもあり、投手力を徹底して補強する守りのチームとなっています。

エースナンバーを20とするなど、独自の系譜を持っている球団でもあります。読売ジャイアンツのV10を阻止したチームでもあり、それ以来のファンが多いのも特徴です。

 

野村克也を監督に据えた1990年代にID野球で球界を席巻した東京ヤクルトスワローズ。本拠地としているのは学生野球のメッカでもある明治神宮球場です。

1950年に社会人野球の強豪だった国鉄鉄道局がプロ化を目指し、外郭団体などを親会社とするウルトラCの手段でプロ球団・国鉄スワローズとなりました。しかしチームのメンバーは国鉄鉄道局の選手が主体。アマチュアでは強豪でもプロでは心もとない。「名古屋にとてつもなく速い球を投げる少年がいる」という話を聞きつけた西垣徳雄監督がその少年・金田正一をスカウト。金田は享栄商業(現・享栄高校)を中退して国鉄入りします。

金田正一という大エースがいたものの、エース一人ではどうにもならず、国鉄は万年Bクラス球団でした。金田も親会社がサンケイグループに変わるのを機にBクラス球団所属10年制度を使ってジャイアンツに移籍します。

サンケイスワローズ、サンケイアトムズ、アトムズ時代もパッとしなかった球団ですが、チーム名をヤクルトスワローズに変えてから4年目の1978年に広岡達郎監督のもとで初優勝。絶対的エースの松岡弘、「ペンギン」安田猛といった投手陣に、「赤鬼」チャーリー・マニエル、「月に向かって打て」大杉勝男、「小さな大打者」若松勉らの打線がかみ合い、日本シリーズでも阪急ブレーブスを下して日本一に輝きました。ただ、この時は神宮球場の優先使用権が東京六大学野球にあったため、日本シリーズのホームゲームでは後楽園球場を使用しています。

神宮球場で日本シリーズが開催されるようになったのはやはり1990年代で、投手では岡林洋一、西村龍次、川崎憲次郎、石井一久、伊藤智仁、高津臣吾、打者では広沢克己、池山隆寛、古田敦也、飯田哲也、稲葉篤紀、土橋勝征、真中満らが神宮球場で躍動。チーム層が薄かったため、優勝の翌年には疲れ果てたのかBクラスに転落、その翌年にまた優勝というエレベーターチームではありましたが、一時代を築きました。日本一に輝いた回数は5回で、これはさりげなくセ・リーグ単独2位の記録だったりします。

ヤクルトの企業イメージそのままの「ファミリー球団」を指向しており、明るくのびのびとしたチームカラーで、退団後にヤクルト本社でお世話になる選手もいます。「そんな体質だから弱いんだ」という声もありますが、球界のオアシスのような存在であり、「アンチのいない不思議な球団」としても知られています。

近年では徹底した打のチームであり、2013年には総得点数が12球団1位なのに投手陣が崩壊していたために最下位という珍記録(総得点1位のチームが最下位になるのは日本プロ野球史上初)を生みました。

東京に本拠地を構えるセ・リーグ球団同士としてジャイアンツのことは強く意識しており、慶大罰の強いジャイアンツに対抗して早稲田大学出身の選手を多く取る傾向が以前はありました。

背番号の象徴的意味合いは他のチームよりも濃く、1が「ミスタースワローズ」の背番号(若松勉→池山隆寛→岩村明憲→青木宣親→山田哲人)。エースナンバーは17(松岡弘、川崎憲次郎、川島亮、成瀬善久ら)で、23は藤井秀悟、青木宣親、山田哲人と引き継がれた出世番号です。

日本のプロ野球では、高卒か高卒社会人経由の投手がエースを張ることが多いのですが、21世紀入ってからのスワローズでは、青山学院大学出身の石川雅規、日本大学出身の館山昌平、創価大学出身の小川泰弘といったように大卒エースの系譜が出来ているのも大きな特徴です。

|

« プロ野球 セントラル・リーグの愉しみ(2) ジャイアンツ、タイガース編 | トップページ | 外国語を学ぶということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球 セントラル・リーグの愉しみ(3) ドラゴンズ、スワローズ編:

« プロ野球 セントラル・リーグの愉しみ(2) ジャイアンツ、タイガース編 | トップページ | 外国語を学ぶということ »