« コンサートの記(464) 「情熱大陸スペシャルライブ SUMMER TIME BONANZA2009」 | トップページ | これまでに観た映画より(112) 北野武監督作品「アキレスと亀」 »

2018年12月 9日 (日)

美術回廊(20) 生誕100年「いわさきちひろ、絵描きです。」@美術館えきKYOTO

2018年12月6日 美術館えきKYOTOにて

美術館えきKYOTOで、「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」展を観る。

童話などの愛らしい挿絵などでもお馴染みの、いわさきちひろ(1918-1974)。55歳と若くして亡くなっている。

福井県武生市(現・越前市)に生まれ、東京で育つ。東京府立第六高等女学校(現・都立三田高校)卒業後は東京美術学校(現・東京芸術大学美術学部)に進学したいという意志を持っていたが、両親に反対されて断念している。その後、意に染まぬ結婚したが、これは夫の自殺によって幕を下ろした。戦時中は満州などで過ごし、敗戦の衝撃から共産主義へと傾倒。日本共産党の党員となり、共産党宣伝部の芸術学校でも学んでいる。ソ連に渡った経験もあり、同地で描かれたスケッチなども展示されていた。二人目の夫は日本共産党の幹部。

「愛らしい、わかりやすい、色彩豊か」として愛されているちひろの絵だが、こうしたものが共産主義の理想とする芸術に近しいことは確かである。「共産党員なのになんでこんなに可愛らしい絵が描けるんですか?」と聞かれたちひろが「共産党員だから描けるんです」と答えたというエピソードがあるが、ある意味、的確な答えになっている。

絵画の他に書道にも親しんだちひろ。ちひろは左利きだが字は右に矯正している。一方で、絵筆は左手で握ったため、左手で絵を描きながら書を記すということも行っていたそうだ。

和服を着た少女の顔の横に百人一首の歌(「あまつかぜ雲の通い路吹きとじよ乙女の姿しばしとどめむ」と「あいみての後の心に比ぶれば昔はものも思わざりけり」)を書いた絵や、東歌の「多摩川にさらす手作りさらさらになんぞこの子のここだかなしき」より多摩川に布をさらす少女の絵なども展示されている。気に入ったのだが、絵葉書などにはなっておらず。残念。

高畑勲が、この展覧会の監修を務める予定だったそうだが、実現する前に逝去している。ただ高畑の発案により、ちひろの絵である「子犬と雨の日の子どもたち」を大きく引き延ばしたものが展示されている。淡い色彩のちひろの絵は、水滴から拡がる波紋のように無限の拡張を続けているかのように見える。



|

« コンサートの記(464) 「情熱大陸スペシャルライブ SUMMER TIME BONANZA2009」 | トップページ | これまでに観た映画より(112) 北野武監督作品「アキレスと亀」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/67464923

この記事へのトラックバック一覧です: 美術回廊(20) 生誕100年「いわさきちひろ、絵描きです。」@美術館えきKYOTO:

« コンサートの記(464) 「情熱大陸スペシャルライブ SUMMER TIME BONANZA2009」 | トップページ | これまでに観た映画より(112) 北野武監督作品「アキレスと亀」 »