« これまでに観た映画より(112) 北野武監督作品「アキレスと亀」 | トップページ | コンサートの記(465) 岡山大学交響楽団第65回記念定期演奏会大阪公演 »

2018年12月 9日 (日)

観劇感想精選(272) ブロードウェイ・ミュージカル「SPELLING BEE(スペリング・ビー)」

2009年8月5日 西梅田のサンケイホール・ブリーゼにて観劇

午後7時から大阪・西梅田のサンケイホール・ブリーゼで、ブロードウェイ・ミュージカル「SPELLING BEE(スペリング・ビー)」を観る。翻訳・訳詞・演出:寺崎秀臣、翻訳:佐々木真美、出演:藤井隆、新妻聖子、梶原善、高田聖子、坂元健児、風花舞、安寿ミラ、村井国夫、今井清隆。

アメリカで毎年行われている、スペリングを競う小学生のための競技「スペリング・ビー」を題材にした、というかそのまま舞台に乗せてしまった作品。それだけといえばそれだけなのだが、役者が良いからだろう、観ていて楽しかった。安寿ミラ、村井国夫、今井清隆の3人を除くキャストは子どもを演じるのだが、それぞれに個性を生かして達者な演技を見せる。本当に子どもに見えるのだから大したものだ。

問題があるといえば、英語のスペリングについて、私は何の知識もないので(平均的な日本人もそう大した知識はないだろうが)そちらの方面の楽しみが持てないことである。何かよくわからないことをやっているなあ、と醒めた感情を持ってしまう。それでも別に構わないのだけれど。

ミュージカルを本職とする新妻聖子の歌唱がやはり印象的。他の役者の歌とダンスの水準も高い。坂元健児が客と交流したり、高田聖子がWikipediaをネタにしたりして場を盛り上げるのも楽しい。

開演前にロビーでスペリング・ビーのエントリー希望者を募っており、応募した人は名前を呼ばれて客席から舞台に上がり、スペリングのクイズに答えていた。易しい問題もあれば(問い「USJのスペルを言いなさい。意味、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」、答え「USJ」。問い「次の単語のスペルを言いなさい。『EXILE』。意味、追放者、亡命者」など)、難しい問題もある。

|

« これまでに観た映画より(112) 北野武監督作品「アキレスと亀」 | トップページ | コンサートの記(465) 岡山大学交響楽団第65回記念定期演奏会大阪公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/67465005

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇感想精選(272) ブロードウェイ・ミュージカル「SPELLING BEE(スペリング・ビー)」:

« これまでに観た映画より(112) 北野武監督作品「アキレスと亀」 | トップページ | コンサートの記(465) 岡山大学交響楽団第65回記念定期演奏会大阪公演 »