« コンサートの記(496) 広上淳一指揮京都市交響楽団第537回定期演奏会 | トップページ | コンサートの記(498) 広上淳一指揮 「京都の秋 音楽祭開会記念コンサート」2010 »

2019年1月 8日 (火)

コンサートの記(497) 広上淳一指揮京都市交響楽団大阪特別公演2010

2010年7月19日 大阪・福島のザ・シンフォニーホールにて

午後2時からザ・シンフォニーホールで、京都市交響楽団の大阪特別公演を聴く。指揮は常任指揮者の広上淳一。

前半は京響の7月定期と同じで、シベリウスの交響詩「フィンランディア」とグリーグのピアノ協奏曲イ短調(ピアノ独奏:アリス=紗良・オット)。

メインはシベリウスの交響曲第2番である。


前半は、一昨日聴いた印象とほとんど変わらないが、やはりザ・シンフォニーホールで聴くと音が良い。
一昨日は赤いドレスで登場したアリス=紗良・オットは、今日は緑のドレスを纏っていた。アンコールとして、ショパンの夜想曲第20番とリストの「ラ・カンパネラ」を弾く。


シベリウスの交響曲第2番。広上指揮のこの曲は京都市ジュニアオーケストラの演奏で聴いているが、やはり京都市交響楽団の方が何といってもオーケストラの質が格段に良い。シベリウス的な演奏ではないかも知れないが、力強く、輝かしい演奏が展開されていた。

|

« コンサートの記(496) 広上淳一指揮京都市交響楽団第537回定期演奏会 | トップページ | コンサートの記(498) 広上淳一指揮 「京都の秋 音楽祭開会記念コンサート」2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンサートの記(497) 広上淳一指揮京都市交響楽団大阪特別公演2010:

« コンサートの記(496) 広上淳一指揮京都市交響楽団第537回定期演奏会 | トップページ | コンサートの記(498) 広上淳一指揮 「京都の秋 音楽祭開会記念コンサート」2010 »