« 観劇感想精選(287) 「春秋座 能と狂言」2019 | トップページ | コンサートの記(516) 広上淳一指揮京都市交響楽団大阪特別公演2012 »

2019年2月 4日 (月)

スタジアムにて(10) 阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズ オープン戦@阪神甲子園球場 2012.3.14

2012年3月14日 阪神甲子園球場にて観戦

午後1時から、プロ野球オープン戦、阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズ戦を観る。於・阪神甲子園球場。

テレビでは何度か数えられないほど観ている甲子園球場だが、実際に訪れるのは初めてである。

阪神の先発は二神一人。ヤクルトの先発は左腕の日高亮。

ヤクルトは初回にいきなり一死満塁のチャンスを迎えるが、バレンティンの併殺打で得点ならず。
そのバレンティンが3回表に2点タイムリーヒットを放つ。ヤクルトが先制。

5回表には阪神の藤川球児が調整登板。最速149キロのストレートでヤクルト打線を抑える。

6回表、阪神のマウンドには小林宏之。バレンティンがヒットで出て、代走は背番号0の比屋根。比屋根が二盗を決め、次の打者がゴロを打った間に3塁を陥れる。ここで小林宏之がワイルドピッチで1点を失う。3対1。

阪神は5回裏に金本が日高からタイムリーヒットを放つが、ヤクルト投手陣から奪えたのは、この1点だけ。ヤクルトは山本哲、押本、松岡と繋ぎ、最後は平井が締めて、3対1で東京ヤクルトスワローズが勝利した。

|

« 観劇感想精選(287) 「春秋座 能と狂言」2019 | トップページ | コンサートの記(516) 広上淳一指揮京都市交響楽団大阪特別公演2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタジアムにて(10) 阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズ オープン戦@阪神甲子園球場 2012.3.14:

« 観劇感想精選(287) 「春秋座 能と狂言」2019 | トップページ | コンサートの記(516) 広上淳一指揮京都市交響楽団大阪特別公演2012 »