カテゴリー「野球」の186件の記事

2016年1月26日 (火)

観劇感想精選(175) 第7回さざなみ演劇祭より グループ「橋」 「雲のうえの『べゑすぼおる』」

2015年12月20日 滋賀県大津市のスカイプラザ浜大津7階スタジオ1にて観劇

第7回さざなみ演劇祭。グループ「橋」という劇団の「雲のうえの『べゑすぼおる』」という作品を観る。午後2時開演。
東京巨人軍(現・読売ジャイアンツ)の投手として活躍するも、22歳の若さでフィリピン・レイテ島の戦場に散った大津出身の広瀬習一と広瀬を囲む人々の話である。

原作は上田龍の『戦火に消えた幻のエース』。ちなみに著者である上田龍は客席に招かれていた。東京からみえられたそうである。脚本は草川てつを。

広瀬習一の話であるが、主人公は追分(大津市の中でも京都市方面の山側にある町である)に住む絵描きの八軒先生である(気合いを入れるときには五郎丸ポーズをする)。

広瀬も追分の出身であり、戦前の大津市のメイン球場は追分からも近い緑が丘球場(緑が丘グラウンド、緑が丘運動場)という野球場(現存せず)だったようである。戦前には全国中等学校野球選手権(全国高等学校野球選手権の前身)の京滋大会の舞台となった他、京津戦という中等学校(現在の高等学校に相当)の野球交流戦があったそうで、京都市の平安中学(現・龍谷大平安高校)、京都商業(現・京都学園高校)、膳所中学(現・滋賀県立膳所高校)、大津商業(今も高校として存在)などが定期的に試合を行っており、またこの球場で行われた大津商業対膳所中学の試合は、「大津の早慶戦」とも言われて人気を博していたそうである。商売人の人たちは大津商業(略称は「大商(だいしょう)」。一般的に「大商」というと大阪商業大学を連想しがちだが、大津に限っては大津商業のことを指すようである)を、サラリーマン家庭は膳所中学を応援したそうである。

広瀬習一も勿論登場するが、出番はそれほど多くなく、広瀬を巡る人々の人間ドラマとなっている。
広瀬は運動神経抜群で、尋常小学校時代には水泳選手としても大人を驚嘆させるほどであり、陸上競技をやらせても大津一の俊足で、大津商業に入った時には運動部の間で取り合いになったそうだが、広瀬は野球を選んでいる。
広瀬は最初はショート兼投手だったようで、春の選抜甲子園には1番・ショートとして先発出場している。試合の模様は、八軒先生の家のラジオで聴かれるという設定なのであるが、広瀬は2つもエラーをしてしまい(史実のようである)、1-3で初戦敗退。広瀬は社会人野球を経て東京巨人軍に入団することになる。

巨人軍の藤本定義監督が今日の先発投手をどうするか、飯泉春雄マネージャーと話している場面から劇は始まる。戦中であり、敵性言語である英語は用いることが出来ず、東京ジャイアンツは東京巨人軍としか名乗ることを許されなかった。巨人には戦地から復帰した沢村栄治がいたが戦場で肩を故障しており、また最近は不調が続いている。須田博(すた・ひろし)と名前を変えざるを得なかったヴィクトル・スタルヒンは肋膜炎で戦線離脱。巨人の初代背番号18のエースで左腕の中尾輝三(戦後は中尾碩志に改名)も酷使で使いづらい。そこで、藤本は大津商業出身のルーキーピッチャー広瀬習一に白羽の矢を立てる。広瀬は期待に応えてデビュー戦を散発3安打の完封で勝利。巨人のデビュー戦完封勝利投手第1号となるのだったが、戦局が悪化し、やがて広瀬も戦場へと送られることになる……。

名前だけの登場であるが、若林忠志や野口二郎の名前が出てくるなど、野球好きが相好を崩すこと必至の劇である。

アマチュアの劇団であるが、出演者の演技も楽しめる水準に達している。脚本も上手いが、ラストは演劇しすぎである。ただ、優れた実績を上げながら余り知られていない人物に光を当てるのは後世の人がやらねばならない仕事であり(広瀬習一は1942年に21勝6敗、防御率1.19の好成績で最高勝率投手に輝いている)、良い劇を観させて貰った(日本語としては余り使いたくない言い回しだが他に良い書き方がない)と思う。

演劇祭のための上演で上演時間は1時間と決まっていたのだと思われるが、広瀬習一もただ純朴な野球小僧というだけではなかったはずであり、倍の尺で広瀬についてもっと掘り下げたバージョンも観てみたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

東京ヤクルトスワローズ 2015 セントラル・リーグ優勝 2015/10/2 ハイライト

私も当日、神宮球場の内野一塁側席にいました。延長11回裏、雄平が打ったサヨナラの打球が一塁線を破るのを目の前で目撃しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチロー MLB&プロ公式戦初登板全投球

イチロー念願のプロ公式戦初登板(NPBではオールスター戦で余興で投げたのみ)全球の映像です。イチローも今年で42歳。高めのストレートには伸びがありますが、低めのストレートは残念ながら死んでおり、打たれています。
変化球も交えてのピッチングで稀代のエンターテイナーでもあるイチローの真骨頂が発揮されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

「東京音頭」 東京ヤクルトスワローズ応援歌バージョン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

選抜高等学校野球選手権 龍谷大学附属平安高等学校優勝

春の選抜高校野球で、京都市にある龍谷大平安高校が大阪の履正社高校を6-2で下し、優勝を飾りました。選抜甲子園の優勝であり、都道府県の代表としての優勝ではありませんが、自分が住んでいる街にある高校が日本一になるのは嬉しいことです。投手力自体は履正社高校の方が上だったと思いますが、高校野球は連投が基本ですので、投手力は鍵にはならないのでしょう。

龍谷大平安高校は浄土真宗本願寺派(西本願寺)の高校で、数年前に平安高校から龍谷大平安高校に校名を変更しました。
私は真宗大谷派(東本願寺)の門徒ですので、ライバルの高校が優勝するのは正直、複雑なのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

日本シリーズ2013 東北楽天ゴールデンイーグルス日本一の瞬間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

前田健太 『エースの覚悟』(光文社新書)

今や広島東洋カープのエースのみならずセントラル・リーグのエース、そして日本を代表するエースの一人にまで成長した前田健太。そんなマエケンこと前田健太の投球する際の心がけや、2012年に達成したノーヒットノーランのこと、少年時代の回想、見たり接したりしたプロ野球の選手の姿などを綴ったのが本書『エースの覚悟』(光文社新書)です。

前田健太 『エースの自覚』(光文社新書)前田投手の特徴の一つとして、子供の頃からコントロールに苦労したことがほとんどないということが挙げられます。普通はプロになる投手でもスピードはあってもコントロールがない、コントロールがあっても球威がない、あるいはスピードもコントロールも思うようにいかないところからスタートすることがほとんどなのですが、前田投手の場合はコントロールで苦労したことがないので、スピードを上げることだけに専念出来たということは大きいと思います。前田投手は子供の頃から「プロ野球選手になるのが当たり前」だと思っていたそうですが、コントロールが抜群だったので、自分が投手をやることに疑問を持たなかったのでしょう。しかし、それでもPL学園高校時代には、大先輩の桑田真澄投手の球を受けていたOBが捕手をかってでたりして、「桑田ならここに10球来たぞ」と、伝説的なコントロールの持ち主を比較に出されて、自然にコントロールの精度を高めることが出来るという幸運にも恵まれていたようにも思います。

前田投手はスピードとコントロールは抜群でしたが、変化球を投げるには苦労したようで、スライダーなどは他のピッチャーが絶対にやらないような握りで独自のものを投げます。前田投手の信条として、他の選手の話を聞いたりはするけれど、全てを受けいれるということはないということが挙げられます。何でも取り入れてやろうという良く言えば研究熱心になりますが、悪く言えば思考停止的な面がなく、柔軟な発想が出来る選手であることがわかります。また「僕はまだ全盛期じゃない」といつも自分に言い聞かせており、WBCでベストナインに選ばれても、更に上を追求しようとする姿勢に好感が持てます。

広島東洋カープは13年連続Bクラスが続いており、前田投手は日本シリーズはおろか、クライマックスシリーズでも投げたことがなく、「いい経験をしていない」という自覚が投手タイトルをいくつも受賞しながら、もっと上を目指す原動力になっていることは確かです。

また、阿部慎之助、アレックス・ラミレス、坂本勇人、井端弘和、稲葉篤紀、糸井嘉男といった相手に対する評価、そして田中将大、澤村拓一、斎藤祐樹、吉川光夫といった同じ1988年生まれのプロ野球投手への思いを窺うことも出来る一冊です。

前田健太 『エースの覚悟』(光文社新書) honto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

悲運の名投手 炎のストッパー・津田恒実 クロマティに浴びた逆転サヨナラホームラン

150キロを超える伸びのあるストレートと武器に“炎のストッパー”と呼ばれた広島東洋カープの津田恒実(本名:津田恒美)投手。ストレート一本でバースから三振を奪い、バースに「津田はクレイジーだ」と呼ばれた豪腕でした。
しかし、脳腫瘍のため32歳で逝去したこともあり、悲運の名投手のイメージもあります。
それを象徴するのが、後楽園球場の対巨人戦でウォーレン・クロマティ選手に浴びた逆転サヨナラホームランです。この試合のテレビ中継を私は母方の実家のある千葉県旭市で見ていましたが、津田というと、まずこの悲劇の場面が浮かんでしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

江川卓のストレート

怪物と呼ばれた江川卓のピッチング集です。ストレートは映像で見てもホップしているのがわかります。初速と終速の両方が出る場合がありますが、その差は5キロから8キロ。並みの投手だと10キロ以上は差が出るので(藤川球児のストレートは14キロ差がありました)いかにストレートにキレがあったかがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

スコアボード

スコアボード

中日ドラゴンズが1回裏に挙げた1点を守りきって勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2346月日 | DVD | YouTube | …のようなもの | おすすめCD(TVサントラ) | おすすめサイト | おすすめCD(クラシック) | おすすめCD(ジャズ) | おすすめCD(ポピュラー) | おすすめCD(映画音楽) | お笑い | アニメ・コミック | アメリカ | アメリカ映画 | イギリス | イギリス映画 | イタリア | ウェブログ・ココログ関連 | オペラ | カナダ | グルメ・クッキング | ゲーム | コンサートの記 | コンテンポラリーダンス | コンビニグルメ | サッカー | シェイクスピア | シベリウス | ショートフィルム | ジャズ | スペイン | スポーツ | ソビエト映画 | テレビドラマ | トークイベント | ドイツ | ドキュメンタリー映画 | ニュース | ノート | ハイテクノロジー | バレエ | パソコン・インターネット | パフォーマンス | パーヴォ・ヤルヴィ | ピアノ | ファッション・アクセサリ | フィンランド | フランス | フランス映画 | ベルギー | ベートーヴェン | ミュージカル | ミュージカル映画 | ヨーロッパ映画 | ラーメン | ロシア | 中国 | 中国映画 | 交通 | 京都 | 京都市交響楽団 | 伝説 | 余談 | | 動画 | 千葉 | 占い | 台湾映画 | 史の流れに | 哲学 | | 大河ドラマ | 大阪 | 学問・資格 | 室内楽 | 小物・マスコット・インテリア | 広上淳一 | 心と体 | 意識について | 携帯・デジカメ | 政治・社会 | 教育 | 散文 | 文化・芸術 | 文学 | 文楽 | 旅行・地域 | 日本映画 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画音楽 | 映画館 | 書店 | 書籍・雑誌 | 書籍紹介 | 朗読劇 | 来日団体 | 東京 | 楽興の時 | 歌舞伎 | 正月 | 歴史 | 海の写真集 | 演劇 | 無明の日々 | 猫町通り通信・鴨東記号 | 祭り | | 笑いの林 | 第九 | 経済・政治・国際 | 絵画 | 美容・コスメ | 美術回廊 | 習慣 | 能・狂言 | 花・植物 | 芸能・アイドル | 落語 | 街の想い出 | 言葉 | 趣味 | 追悼 | 邦楽 | 野球 | 関西 | 雑学 | 雑感 | 韓国 | 韓国映画 | 音楽 | 音楽劇 | 食品 | 飲料 | 香港映画