カテゴリー「散文」の5件の記事

2007年9月10日 (月)

パスティーシュ童話 「新・蜘蛛の糸」

「新・蜘蛛の糸」    作:本保弘人

一、

 阿弥陀様が目を覚まされますと、極楽の光が体にそっと染み込んできました。その光の柔らかさから見て、極楽は今、朝なのでしょう。
 阿弥陀様は、そのまま表に出て、蓮の池のほとりにまでやって来ました。池のそばの草には、ちょうど蜘蛛が巣をかけているところ。極楽では花ばかりでなく、草木までもが得も言われぬ芳香を放ち、あらゆる事象が最上の夢よりもなお美しいのでした。

 阿弥陀様は、蓮池の底に目をやりました。池はガラスよりも一層透明ですから、遙か下の地獄の様子もはっきりと見ることが出来ます。地獄の血の池地獄では今日も、地獄に堕ちた、かっての人間達が苦しみながら蠢いているのでした。
 阿弥陀様は、地獄の池の中にカンダタという男がいるのを発見されました。このカンダタという男は、庄屋の家に生まれたのですが、上納すべき年貢米をごまかして自分の懐に収めたり、気に入らない小作人を役人に売ったり、時には殺したこともあるという大変な悪党でした。しかし阿弥陀様はそんなカンダタも善行をしたことがあるのをご存じだったのです。ある日、カンダタが道を歩いていますと、小さな蜘蛛が足元を通りすぎようとしているのに気がつきました。カンダタは蜘蛛を踏みつぶそうとしたのですが思いとどまり、「こんな蜘蛛にでも命はあるのだから、それを救うのもまたよかろう」ということで、蜘蛛をまたいで通り過ぎたのでした。
 阿弥陀様は、カンダタの善行を思い出され、その報いとしてこの男を地獄から救い出してやろうとお考えになりました。折良く、草木に巣を張っている蜘蛛がおります。阿弥陀様はお手を伸ばされ、極楽の蜘蛛を優しく掌につかんで、その糸を地獄に向かって垂らしたのでございます。

続きを読む "パスティーシュ童話 「新・蜘蛛の糸」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 4日 (火)

かくも軽き不在

私についての話だったのだが、彼女は、別の人について延々と語っていた。目の前にいるはずの私の存在などどうでもいいというように。

私が彼女に対して行った肯定的な評価は一顧だにされず、別の人、つまり彼女が尊崇する人物の意見の絶対性を彼女は主張していた。彼女は「尊崇」の危険さについて考えたことはないようだった。

彼女は意見を比べてみることもなく、自身の日本語能力についても把握してはいなかった。「勘違い」という言葉が服を着て歩いているような彼女の前で、私の「不在」は余りにも軽かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

因経野(インヘルノ)

「ねえ、天国はあるの?」

「わからないな」

「地獄はあるの?」

「あるよ。至る所に、様々なのが」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

「なぜ」のない生き方は幸福だ

「なぜ」のない生き方は幸福だ。だが他人を不幸にする。

少なくとも私はそんな生き方をしたいとは思わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

奇妙な果実

木々に、マンションのベランダに、階段の下に、部屋の窓辺に

奇妙な果実がなっている

続きを読む "奇妙な果実"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

DVD | YouTube | …のようなもの | おすすめCD(TVサントラ) | おすすめサイト | おすすめCD(クラシック) | おすすめCD(ジャズ) | おすすめCD(ポピュラー) | おすすめCD(映画音楽) | お笑い | アニメ・コミック | アメリカ | アメリカ映画 | イギリス | イギリス映画 | イタリア | ウェブログ・ココログ関連 | オペラ | カナダ | グルメ・クッキング | ゲーム | コンサートの記 | コンテンポラリーダンス | コンビニグルメ | サッカー | シェイクスピア | シベリウス | ショートフィルム | ジャズ | スペイン | スポーツ | ソビエト映画 | テレビドラマ | トークイベント | ドイツ | ドキュメンタリー映画 | ニュース | ノート | ハイテクノロジー | バレエ | パソコン・インターネット | パフォーマンス | パーヴォ・ヤルヴィ | ピアノ | ファッション・アクセサリ | フィンランド | フランス | フランス映画 | ベルギー | ベートーヴェン | ミュージカル | ミュージカル映画 | ヨーロッパ映画 | ラーメン | ロシア | 中国 | 中国映画 | 交通 | 京都 | 京都市交響楽団 | 伝説 | 余談 | | 千葉 | 占い | 台湾映画 | 史の流れに | 哲学 | | 大河ドラマ | 大阪 | 室内楽 | 小物・マスコット・インテリア | 広上淳一 | 心と体 | 意識について | 携帯・デジカメ | 政治・社会 | 教育 | 散文 | 文化・芸術 | 文学 | 文楽 | 旅行・地域 | 日本映画 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画音楽 | 映画館 | 書店 | 書籍・雑誌 | 書籍紹介 | 朗読劇 | 来日団体 | 東京 | 楽興の時 | 歌舞伎 | 正月 | 歴史 | 海の写真集 | 演劇 | 無明の日々 | 猫町通り通信・鴨東記号 | 祭り | | 笑いの林 | 第九 | 経済・政治・国際 | 絵画 | 美容・コスメ | 美術回廊 | 習慣 | 能・狂言 | 花・植物 | 芸能・アイドル | 落語 | 街の想い出 | 言葉 | 趣味 | 追悼 | 邦楽 | 野球 | 関西 | 雑学 | 雑感 | 韓国 | 韓国映画 | 音楽 | 音楽劇 | 食品 | 飲料 | 香港映画