カテゴリー「書籍紹介」の76件の記事

2013年4月28日 (日)

前田健太 『エースの覚悟』(光文社新書)

今や広島東洋カープのエースのみならずセントラル・リーグのエース、そして日本を代表するエースの一人にまで成長した前田健太。そんなマエケンこと前田健太の投球する際の心がけや、2012年に達成したノーヒットノーランのこと、少年時代の回想、見たり接したりしたプロ野球の選手の姿などを綴ったのが本書『エースの覚悟』(光文社新書)です。

前田健太 『エースの自覚』(光文社新書)前田投手の特徴の一つとして、子供の頃からコントロールに苦労したことがほとんどないということが挙げられます。普通はプロになる投手でもスピードはあってもコントロールがない、コントロールがあっても球威がない、あるいはスピードもコントロールも思うようにいかないところからスタートすることがほとんどなのですが、前田投手の場合はコントロールで苦労したことがないので、スピードを上げることだけに専念出来たということは大きいと思います。前田投手は子供の頃から「プロ野球選手になるのが当たり前」だと思っていたそうですが、コントロールが抜群だったので、自分が投手をやることに疑問を持たなかったのでしょう。しかし、それでもPL学園高校時代には、大先輩の桑田真澄投手の球を受けていたOBが捕手をかってでたりして、「桑田ならここに10球来たぞ」と、伝説的なコントロールの持ち主を比較に出されて、自然にコントロールの精度を高めることが出来るという幸運にも恵まれていたようにも思います。

前田投手はスピードとコントロールは抜群でしたが、変化球を投げるには苦労したようで、スライダーなどは他のピッチャーが絶対にやらないような握りで独自のものを投げます。前田投手の信条として、他の選手の話を聞いたりはするけれど、全てを受けいれるということはないということが挙げられます。何でも取り入れてやろうという良く言えば研究熱心になりますが、悪く言えば思考停止的な面がなく、柔軟な発想が出来る選手であることがわかります。また「僕はまだ全盛期じゃない」といつも自分に言い聞かせており、WBCでベストナインに選ばれても、更に上を追求しようとする姿勢に好感が持てます。

広島東洋カープは13年連続Bクラスが続いており、前田投手は日本シリーズはおろか、クライマックスシリーズでも投げたことがなく、「いい経験をしていない」という自覚が投手タイトルをいくつも受賞しながら、もっと上を目指す原動力になっていることは確かです。

また、阿部慎之助、アレックス・ラミレス、坂本勇人、井端弘和、稲葉篤紀、糸井嘉男といった相手に対する評価、そして田中将大、澤村拓一、斎藤祐樹、吉川光夫といった同じ1988年生まれのプロ野球投手への思いを窺うことも出来る一冊です。

前田健太 『エースの覚悟』(光文社新書) honto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

木村幸比古 『25通の手紙で読む龍馬の肉声』(祥伝社新書)

現存する130余通が重要文化財に指定されている坂本龍馬の手紙。その中から25通を選び、活字にて紹介しているのが本書『25通の手紙で読む龍馬の肉声』(祥伝社新書)です。

『25通の手紙で読む龍馬の肉声』(祥伝社新書)

龍馬自身が「天下無二の軍学者」と呼ぶ勝海舟に弟子入りして、「エヘンエヘン」と得意になっている有名な手紙から、四国艦隊下関砲撃事件(下関戦争。馬関戦争)の際、異国船の修理を幕府が手伝っていることを知り、「日本を今一度せんたくいたし申候」という有名な一説で憤ってみせた手紙、妻となるお龍を姉の乙女に紹介する手紙やお龍とともに新婚旅行に出かけた霧島の様子をスケッチ入りで記した手紙、寺田屋で幕吏に襲われ、銃撃戦になった時のことを活劇さながらに描写した手紙など、坂本龍馬という男の人となりについて触れることのできる手紙の数々が紹介されており、龍馬ファン、幕末ファンならずとも興味深い一冊になっています。

『25通の手紙で読む龍馬の肉声』(祥伝社新書) bk1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

『もういちど読む山川日本史』(山川出版社)

山川出版社から出ている『もういちど読む山川日本史』を紹介します。かなり売れている本らしいです。

Img

高校の日本史教科書を社会人用に書き直したという『もういちど読む山川日本史』。

山川の日本史教科書といえば定番中の定番。私の高校の日本史教科書は山川のものではなかったのですが、大学受験用に山川の日本史教科書も読みました。

私より少し下の世代では、日本史は選択科目になってしまったようですが(当時の文部省から日本史が嫌われていたためだといわれています。当時、新しい歴史教科書をつくる会などが表に出てきていて、それまでの日本史教科書が自虐史観に基づくものだと攻撃されていました)、日本人が日本史を知らないというのは恥以外の何ものでもないと私は考えます。

改めて読み返してみて、当時は知識としてしか理解していなかった問題を、切実なものとして感じるようになっている自分を感じました。新たな歴史を生み出す宿命にある我々にとって必読の書といえるのかも知れません。

『もういちど読む山川日本史』(山川出版社) bk1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

『図解 日本の城 普及版』(西東社)

「歴女」という言葉が流行語大賞にノミネートされるなど、細く長く続いている歴史ブーム。中でも戦国時代は人気を呼んでいます。

私も戦国史は好きですが、そのきっかけは小学生の頃に城郭に興味を持ったことでした。

日本建築の美と技術が集結された城郭に魅せられる人は多いのですが、これから城郭について知ってみたいと思っている人に入門書としてまずお薦めしたいのが、西東社から出ている『図解 日本の城 普及版』です。

『図説 日本の城 普及版』(西東社)

城郭の発達と、その魅力である天守、石垣、縄張りなどの歴史と発展を図解でわかりやすく示してくれます。

日本を代表する城郭(松本城、姫路城、江戸城、名古屋城、大坂城、熊本城、宇和島城、彦根城、金沢城、会津若松城、松江城、岡山城、高知城)、東日本の代表的な城郭(五稜郭、小田原城、犬山城など)、西日本の代表的な城郭(二条城、和歌山城、福岡城、首里城など)の縄張りの特徴と歴史をこれ一冊で知ることが出来ます。

その他に城を知るための書籍やウェブサイトの紹介コーナーも充実したものでお薦めです。

『図解 日本の城 普及版』(西東社) bk1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

眞鍋圭子 『素顔のカラヤン』(幻冬舎新書)

音楽プロデューサー眞鍋圭子が書いた『素顔のカラヤン』(幻冬舎新書)という本を紹介します。

眞鍋圭子 『素顔のカラヤン』(幻冬舎新書) 著者は上智大学卒業後に東京藝術大学別科でチェロを学び、その後ドイツに渡って音楽を専攻、その間にカラヤンへの雑誌インタビューのインタビューアーとしてカラヤンの知遇を得、カラヤンが来日する際にはコーディネーター兼秘書を務めるなど、カラヤンを間近で見てきた人です。

眞鍋圭子の目から見たカラヤンは帝王という称号からは懸け離れた、音楽好きでナイーブな好々爺といったところ。巷間いわれている権力志向や財テクなどとも無縁の人物であります。

一人物には様々な側面があり、ここでは音楽を愛し、また日本と日本人を愛したカラヤンの穏やかな芸術家としての一面を窺い知ることの出来ます。

カラヤン自ら音響アドバイスを行ったサントリーホール開館までのエピソードや、大阪のザ・シンフォニーホールでの振り間違い事件の真実など、日本の音楽ファンに興味深い記述も多い一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

『教如上人と東本願寺創立』(東本願寺出版部)

本願寺は江戸時代(正確には織豊時代末期)東本願寺と西本願寺に分裂しました。従来、本願寺の東西分裂は本願寺の内部抗争に乗じた徳川家康の策謀という説が有力でしたが、それに異議を唱えているのが東本願寺出版部から出ている『教如上人と東本願寺創立』です。

『教如上人と東本願寺創立』(東本願寺出版部) 慶長7年(1602)に徳川家康から東六条の地を賜い、東本願寺を創立した教如上人。本願寺第十一世・顕如の長男として生まれた教如上人ですが、本願寺十二世となった直後に豊臣秀吉から弟の准如に位を譲るようにいわれ、隠退しました。しかし、実際には教如は本願寺十二世としての活動を続けており、大坂に大谷本願寺を築こうとするなど、表立っての活躍も目立っていました。

東本願寺の寺地を与えたのは徳川家康ですが、関ヶ原の戦いの前に、上杉景勝討伐のために下野国小山にいた家康を教如上人はわざわざ京都から訪ねており、関ヶ原の戦い後、天下人となった家康のもとにも教如は足繁く通っており、もともと教如自体が本願寺分派の意図を持っており、家康は教如の意志に応えただけなのではないかと本書は結論づけています。

従来の、本願寺分派は家康の陰謀だとする説に一石を投じる好著です。

『教如上人と東本願寺創立』(東本願寺出版部) bk1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

西原祐治監修 『わが家の仏教・仏事としきたり 浄土真宗』(日東書院)

お盆ですので、お墓参りをされる方も多いと思います。そこで今日は西原祐治監修による『わが家の仏教・仏事としきたり 浄土真宗』(日東書院)を紹介します。

西原祐治監修 『わが家の仏教・仏事としきたり 浄土真宗』(日東書院) 釈迦牟尼に始まる仏教の歴史と日本仏教史に続き、浄土真宗(真宗)の開祖である親鸞の生涯と著書そして親鸞の弟子である唯円の書いた「歎異抄」の紹介、「正信偈」などのお経の紹介、真宗十派の本山案内、浄土真宗における日々のおつとめと葬儀のやり方などが記されています。

「門徒もの知らず」といわれるように、浄土真宗の葬儀の仕方は独特で、例えば線香は立てずに折って寝かせたり、「冥福を祈る」という言葉を使わなかったりと、他の宗派の人からは風変わりだと見られることも多くあります。

浄土真宗の人は亡くなると同時に阿弥陀仏の国である極楽浄土に生まれ変わるという考え方をするので、死は忌むべきことではなく、浄めの塩なども用いません。

今日8月16日は京都の五山送り火の日で、5つある送り火にはそれぞれの宗派が割り当てられていますが、浄土真宗の送り火だけはありません。浄土真宗では人は亡くなると極楽に生まれ変わり、この世に霊となって帰ってくることはないと考えるためです。帰ってこないので送ることもしないのです。

西原祐治監修 『わが家の仏教・仏事としきたり 浄土真宗』(日東書院) bk1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月14日 (金)

中川右介 『世界の10大オーケストラ』(幻冬舎新書)

音楽書を多く出しているアルファベータ社の代表取締役でもある中川右介の『世界の10大オーケストラ』(幻冬舎新書)。

中川右介 『世界の10大オーケストラ』(幻冬舎新書) 選ばれたオーケストラは、シュターツカペレ・ベルリン、ニューヨーク・フィルハーモニック、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニック管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、パリ管弦楽団。

世界の10大オーケストラにどの楽団を選ぶかは、それぞれに様々な意見があると思われますが、著者である中川右介は、彼自身が最もよく聴いた指揮者であるヘルベルト・フォン・カラヤンを軸に10のオーケストラを選んでいます。
シュターツカペレ・ベルリンは、カラヤンが初めてレコーディングを行ったオーケストラ、ニューヨーク・フィルハーモニックはライバルであるレナード・バーンスタインの手兵、ベルリン・フィルはカラヤンが芸術監督、ウィーン・フィルは母体であるウィーン国立歌劇場の総監督を務めており、フィルハーモニアは結成時にカラヤンが深く関わっています。その他の5つの楽団はカラヤンと疎遠だったということで特徴的なオーケストラが選ばれています。

オーケストラの歴史を辿るということで、当然、政治史や国家の背景が影響しています。例えばチェコ・フィルは政変の度に常任指揮者が亡命しており、政治の流れにオーケストラが無縁でないことがよくわかります。

またナチ党員だったカラヤンを軸に据えることで、当然ながらナチスドイツの問題も深く関わってきます。

音楽の書物でありながら、政治背景も追うことで、これまで余り知られてこなかったエピソードなども数多く記されることになりました。

音楽書ではないため、これを読めば音楽がよりわかるようになるというものではありませんが、音楽の背景にあるものを知ることで、音楽が歴史という縦軸の中で生まれたものであるということを確認することの出来る好著です。

中川右介 『世界の10大オーケストラ』(幻冬舎新書) bk1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

山田太一 『異人たちとの夏』(新潮文庫)

山田太一の小説『異人たちとの夏』(新潮文庫)を紹介します。

山田太一 『異人たちとの夏』(新潮文庫) 基本的には怪談路線でありながら、人間の温かさと怖さの両方に触れることの出来る作品です。山本周五郎賞受賞作。

シナリオライターの原田英雄は、妻と19歳になる息子と別れたばかり。家を妻に譲ったので、仕事場として借りていたマンションの一室に移り住む。環状八号線沿いで少々やかましいそのマンションは主に事務所として使われており、夜になると人がほとんどいなくなってしまう。

ある日、ふと浅草に出かけた原田は、36年前に事故で亡くなった父にそっくりの男と出会う。誘われるままに男の住むアパートに行くと、そこには原田の母そっくりの女が待っていた…。

映画や舞台にもなっている作品です。映画の方はレンタルできるので観ることをお薦めします。秀作です。脚本は山田太一本人ではなく、市川森一が担当しています。

山田太一 『異人たちとの夏』(新潮文庫) bk1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月21日 (火)

幻想の画家・ルドン 『ルドン』(新潮美術文庫)

19世紀後半に活躍したフランスの画家、オディロン・ルドン。そのルドンの絵と生涯を解説した新潮美術文庫の『ルドン』を紹介します。

『ルドン』(新潮美術文庫) 1840年生まれのオディロン・ルドンは、同い年のモネとは正反対に、実在しない幻想の世界を描写することを得意とした画家です。それには彼が広陵としたメドック地方ペイルルバードに育ったということも影響していると思われます。荒れ果てた大地をキャンバスに幼き日のルドン少年は様々なイメージを頭の中に描いていたのでしょう。
また、同時代の詩人、ボードレールにも強い影響を受け、ボードレールの代表作である『悪の華』の挿絵を描いてもいます。

時に妖艶、時に壮絶、時に静謐と様々な魅力を持つルドンの絵画37点と解説を収めた、ルドン入門に最適の一冊です。

『ルドン』(新潮美術文庫) bk1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2346月日 | DVD | YouTube | …のようなもの | おすすめCD(TVサントラ) | おすすめサイト | おすすめCD(クラシック) | おすすめCD(ジャズ) | おすすめCD(ポピュラー) | おすすめCD(映画音楽) | お笑い | アニメ・コミック | アメリカ | アメリカ映画 | イギリス | イギリス映画 | イタリア | ウェブログ・ココログ関連 | オペラ | カナダ | グルメ・クッキング | ゲーム | コンサートの記 | コンテンポラリーダンス | コンビニグルメ | サッカー | シェイクスピア | シベリウス | ショートフィルム | ジャズ | スペイン | スポーツ | ソビエト映画 | テレビドラマ | トークイベント | ドイツ | ドキュメンタリー映画 | ニュース | ノート | ハイテクノロジー | バレエ | パソコン・インターネット | パフォーマンス | パーヴォ・ヤルヴィ | ピアノ | ファッション・アクセサリ | フィンランド | フランス | フランス映画 | ベルギー | ベートーヴェン | ミュージカル | ミュージカル映画 | ヨーロッパ映画 | ラーメン | ロシア | 中国 | 中国映画 | 交通 | 京都 | 京都市交響楽団 | 伝説 | 余談 | | 動画 | 千葉 | 占い | 台湾映画 | 史の流れに | 哲学 | | 大河ドラマ | 大阪 | 学問・資格 | 室内楽 | 小物・マスコット・インテリア | 広上淳一 | 心と体 | 意識について | 携帯・デジカメ | 政治・社会 | 教育 | 散文 | 文化・芸術 | 文学 | 文楽 | 旅行・地域 | 日本映画 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画音楽 | 映画館 | 書店 | 書籍・雑誌 | 書籍紹介 | 朗読劇 | 来日団体 | 東京 | 楽興の時 | 歌舞伎 | 正月 | 歴史 | 海の写真集 | 演劇 | 無明の日々 | 猫町通り通信・鴨東記号 | 祭り | | 笑いの林 | 第九 | 経済・政治・国際 | 絵画 | 美容・コスメ | 美術回廊 | 習慣 | 能・狂言 | 花・植物 | 芸能・アイドル | 落語 | 街の想い出 | 言葉 | 趣味 | 追悼 | 邦楽 | 野球 | 関西 | 雑学 | 雑感 | 韓国 | 韓国映画 | 音楽 | 音楽劇 | 食品 | 飲料 | 香港映画