トップページ | 2005年7月 »

2005年6月26日 (日)

6月25日の稽古

200506252212000.jpg
稽古場にあるキーボード。合唱の伴奏に使ったりする。

本日の稽古は女性陣が参加できないことになったため男3人で行う。
「LOVE LETTERS」の中で特に聞かせ所と思われる箇所を抜き稽古する。
男女2人の朗読劇なので男同士で読むと感じがあまり出ない。
テキストの訳が不自然な箇所があったので原文の意味に近づける作業も行った。

写真のキーボードを使ってデタラメでいいので即興演奏をして貰おうと思ったのだが、やはり難しいようである。そもそも不慣れな人は左右の手が一緒に動いてしまうので弾いても面白くないと思われる。
サティの「ジムノペディ」など比較的易しいテクニックで弾ける曲の楽譜を用意すべきなのかも知れない。

キーボードの伴奏で歌を歌ったりもするのだが、私のピアノの腕は相当に怪しいので上手くいかない。女優陣は2人とも一応ピアノを弾いた経験はあるそうだが、もう何年も弾いていないので無理だそうだ。私も3年ほど弾いていなかったので譜読みにも苦労する。やはりピアノは毎日演奏しないと駄目なようだ。

朗読劇なので体を動かすことが少ない。そこで今日は最後にピッチングゲームをする。といってもキャッチボールに毛が生えた程度だが、コースと球種を予告してボールを投げ込む。3球ストライクでアウト、もちろんフォアボールもある。変化球が変化しなかった時はヒットを打たれるという設定である。時間の関係で4イニングだけ行う。1アウトを取るとピッチャーとキャッチャーが入れ替わる。ラストの4回は2アウト満塁、カウント2-3となり、永尾さんが投じたカーブは数センチしか変化しなかったがストライクゾーンに入ったので何とか無失点ということにする。
稽古場が狭く、近距離から投げているのでストライクが入りやすいが、もう少し広いところでやるとフォアボールも増えてスリリングになるだろう。
野球に興味がない人には面白くない遊びだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

ひと・まち交流館京都での稽古

200506191153000.jpg
稽古に使用した「ひと・まち交流館」の一室。

6月19日の日曜日はいつもの稽古場を離れて、河原町六条にある「ひと・まち交流館」で初稽古。朝9時から正午までの稽古である。
まず前回読み終えることの出来なかったラスト数ページを読み。若手コンビへバトンタッチ。といっても女性の方は参加できなかったので、「若手コンビ」の田中君と「年の差コンビ」の吉本さんで読み合わせ。後半を読み切る。

それからミーティング。演出プランについて話す。今回は台本そのものの世界を演じるのではなく、もう一つ虚構の枠を作り、入れ子構造で行う。作者(ガーニー)本来の意図は「どこでも誰でも少ない稽古で出来ること」にあるのだが、新しい「何か」がないと京都で、それも無名の俳優を使ってやる意義はなくなってしまう気がする。

稽古に使った部屋の窓を開けると東本願寺の御影堂が見えるのだが、残念ながら御影堂は現在修復作業中であり、覆いをつけた姿でしか見ることは出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

6月11日の稽古風景

200506112136000.jpg
台本を読む永尾よしろう氏(1952年・北九州市生まれ)。当然メンバー最年長である。

6月11日はとりあえず台本を読み通すことを目標に稽古を進めた。動き(ほとんどないのだが)のつけかたについて説明し、どうしても関西弁や九州弁風になってしまうアクセントをチェックする。ただあと数ページというところで時間切れ。ラストは次回に持ち越しとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日)

次回公演台本

200506120653000.jpg

鴨川左岸の次回公演は朗読公演になります。
台本はアメリカの作家、A・R・ガーニーの「LOVE LETTERS」。朗読劇の定番ですが新演出で行います。但し作者の指定があるので大掛かりなセットや劇中の音楽は使いません。見た目ではなく内容での勝負になるので心してかかる必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

稽古日誌など

新しいblogを始めました。稽古の様子などをUPしていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年7月 »