« 特別編:変化球の投げ方「シンカー」 | トップページ | プレ公演に向けて »

2005年7月31日 (日)

朝から稽古

200507300849000.jpg
使用団体名を書いたホワイトボード。永尾よしろう筆。

7月30日土曜日午前9時から「ひと・まち交流館」で稽古。
これから数週間は午前中に稽古を行うことが多くなる。人間は起きてから4時間ぐらいは本来の力が発揮できないようになっているはずなので、午前中に稽古を行うことは得策ではないのだが、部屋が午前中しか空いていないので構わずにやる。稽古をしないよりはずっといい。

軽くウォーミングアップした後、それぞれ自分の体験を基に、あるお笑いネタをやってもらう。朝なので頭を使って早く体調をベストに持って行こうという狙いもある。
お笑いネタだが、笑える必要は全くない。というかすぐに面白いものが出来てしまったら、その芸人さんはもう消えてしまっているだろう。実際やってみると、その芸人さんの才能が良くわかった。簡単な芸に見えるが、あれは他人には出来ないのだ。

それからいつもの通り、「ラヴ・レターズ」を読んでいく。
若手コンビが前半の前回やったところからの続きを、年の差コンビが後半を読む。
いつもより声が出ていない気がしたので(今回はいつもより部屋を広くしたのでその影響もあるが、朝だ、というのが一番の理由だろう)、途中で発声練習を挟む。

朗読とはいえ、セリフを話すというのは実はかなり頭を使う作業である。
ということで若手コンビには自分の言葉で語れるようにエチュードをやって貰った。もっと自分の世界を広く持てるようになると今よりずっと良くなるだろう。

年の差コンビの方は形になっている。永尾さんも吉本さんも演劇歴は長いし、特に永尾さんは人間座という京都の老舗新劇劇団にいたのだから当然巧い。ただ更にレベルを上げることは出来るはずだ。稽古を重ねよう。

稽古終了後、「まず、オーソドックスな形のプレ公演を行おうか」という話になる。今回は新演出版なので、「ラヴ・レターズ」を観たことのない人には、「へえ、これが『ラヴ・レターズ』なのか」という誤解を与える可能性もある。特に突飛なことはしていないのだが、可能性はある。

いや、考えようによっては突飛な演出をしているかな。取り方次第だけれど。
特に演出を加えない形のプレ公演も前向きに考えてみよう。

|

« 特別編:変化球の投げ方「シンカー」 | トップページ | プレ公演に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝から稽古:

« 特別編:変化球の投げ方「シンカー」 | トップページ | プレ公演に向けて »