« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月19日 (月)

勝利宣言

200509182140000.jpg
メリッサ役の吉本美和と、アンディー役の永尾よしろう。

「ラヴ・レターズ」の公演は無事終了致しました。
贔屓目ではなく、良い出来映えでした。
特にラストは感動的でした。
ささやかながら勝利宣言をさせていただきます。鴨川左岸のみではなく、お客様も含めての勝利宣言です。
「勝った」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

本日本番

「ラヴ・レターズ」は、本日、9月18日午後7時30分開演です。

当日料金も800円と比較的お安くなっております。ぜひご来場下さい。

会場:Ozone(オーゾーン) 京都市中京区堺町通錦小路上がる東側。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

「ラヴ・レターズ」用語集

「ラヴ・レターズ」をより良く知るための用語集のページを作りました。興味のある方はご覧下さい。

「ラヴ・レターズ」用語集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

Ozoneへの行き方(地図)

200509141714000.jpg

会場であるOzone(オー・ゾーン)周辺の略図を載せました。
堺町通は京都御苑の正門である堺町御門から真っ直ぐ南北に延びる道です

最寄り駅は阪急烏丸駅、地下鉄四条駅です。駐車場はございませんので、必ず公共の交通機関をご利用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

Ozone(オー・ゾーン)

200508211239000.jpg
『ラヴ・レターズ』の公演会場となる「Ozone」。オー・ゾーンと読みます。ここの3階が会場となります。

オー・ゾーンの写真をアップしました。場所は京都市中京区堺町通錦小路上がる東側です。9月18日、日曜日午後7時30分開演です。ご期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

通し稽古

200509111424000.jpg
フットバッグとストップウォッチ。

9月11日、日曜日午後1時からの稽古。フットバッグで軽くウォーミングアップしてから、通しを行う。今回は余計な演出はほとんど加えていない。もっとも解釈や部分的な直しは私(本保)が行っている。
午後からだけに声に張りがある。そして役者が『ラヴ・レターズ』という台本世界に入っているのがわかる。真に迫った、そんなありきたりの言葉を超えたものが部分的にではあるが存在する。

非営利公演のため料金は安いです。
上演時間は前半約55分、途中10分の休憩を挟み、後半約50分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

文章2

200509091337000.jpg

同じく、「公演情報」にも載せた画像。ある小説の冒頭です。何という小説かわかりますか?

「秋ちゃん。 
と呼ぶのも、もう可笑しいようになりました。熊本秋子さん。あなたも、たしか、三十に間近い筈だ。ぼくも同じく、二十八歳。すでに女房を貰い、子供も一人できた。あなたは、九州で、女学校の体操教師をしていると、近頃風の便りにききました。  
 時間というのは、変なものです。十年近い歳月が、当時あれほど、あなたの事というと興奮して、こうした追憶をするのさえ、苦しかったぼくを、今では冷静におししずめ、ああした愛情は一体なんであったろうかと、考えてみるようにさせました」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

文章1

200509091337001.jpg

「公演情報」のページに載せたのと全く同じものです。
ある有名な宣言書の一部です。何だかわかりますか?

“When in the course of human Events, it becomes necessary for one People to dissolve the Political Bands which have connected them with another, and to assume among the Powers of the Earth, the separate and equal Station to which the Laws of Nature and of Nature’s God entitle them, a decent Respect to the Opinions of Mankind requires that they should declare the causes which impel them to the Separation.”

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

PART2

『ラヴ・レターズ』はPART1、PART2に分かれている。それぞれ第1幕、第2幕に相当する。
9月4日、日曜日の稽古は、PART2を読む。
午後1時からの稽古ということもあって、二人とも声の調子が良い。感情の読み取りと表現にも工夫が感じられる。登場人物に近づきつつあるのが実感できる。

チラシの印刷をする。紙を用意していなかったので、近くのコンビニで買ってくる。少し高めの紙しか置いていなかったが仕方がない。

『ラヴ・レターズ』の作者、ガーニー氏は同作品を「短い稽古期間で出来る」劇だと述べている。しかし本当にテキストを読み解くには短時間では足りない。最初は読みあげるのに精一杯だった役者も今では余裕が出て来ている。一度読んだだけでわかるなんて嘘だ。

200508191232000.jpg
「ラヴ・レターズ」のチラシ、ギャラの発生しない非営利公演ということもあって、大々的には撒かれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »