« 紙、舞台、空気、違和感 | トップページ | 箱書き »

2005年10月31日 (月)

戯曲を読む。そして稽古

200510301202000.jpg
劇中劇として入れられた有名な古典戯曲のワンシーンを演じてみる。

10月30日、日曜日の朝10時に稽古開始。
宮藤官九郎の『鈍獣』の第2幕を読む。埼玉県本庄市で起きた事件をベースにした展開が続く。話しは不気味さを増し、それが一瞬にして覆る。リアルでは全然ないが、物語展開は巧みであり、ラストになって、全ての説明がつくような仕掛けになっている。ただ、ラストは肝心な部分が書かれていないので、上演された劇や、もしくは発売されているDVDを観ないと解りづらいはずだ。
無意味な部分も多いのだが、この手の劇には無駄が必要である。おちゃらけた部分と、シリアス(クドカンさんの本なので本当の意味でのシリアスにはならないが)な場面のコントラストが妙に可笑しい。

鴨川左岸の次回上演台本の読みと、半立ち稽古も開始。劇中劇、というほど大袈裟ではないが、ある有名な古典劇のワンシーンが挿入されている。一人芝居なので、ここが役者の見せ所の一つとなる。西洋人の動きを意識して最初は「大袈裟に」という注文での演技。結果、写真のようなポーズを取ることにもなった。

稽古を終えてから、戯曲の細部の詰めを話し合う。

その後、永尾さんからメールが届き、更に細部を詰めることにする。

演出をしていると、役者は大体同世代か年下。年上でもせいぜい5、6歳上というケースが多いのだが、永尾よしろうと私は20歳以上も歳が離れている。

これほど年上の役者と二人で仕事をするケースは、小劇場ではほとんどない。貴重な経験となるだろう。

|

« 紙、舞台、空気、違和感 | トップページ | 箱書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戯曲を読む。そして稽古:

« 紙、舞台、空気、違和感 | トップページ | 箱書き »