« 河原で稽古 | トップページ | フリースペースYOU での稽古 »

2005年11月26日 (土)

観劇の初歩

観劇というと、「敷居が高そう」というイメージを持たれる方が多いかも知れませんが、そんなことはありません。クラシックコンサートに比べるとマナーにうるさくありませんし、映画館に行くのと気分的には大差ないと思います。

そこで観劇初心者のための文章をここに書いておきます。

1,劇場
千人単位のキャパ(集客人数)から数十人程度のキャパまで各種あります。唐十郎の赤テントのように、劇場ではなく、公園などにテントを張ってその中で芝居を行う場合もあります。規模の大きな劇場は座り心地の良い椅子が用意されていますが(例外あり)、小さな所では箱馬(という木のボックス)の上に座布団を置いただけの席や、テント芝居になると平戸間に座ったりしますので、特にテント芝居では自前の座布団を持って行かないとお尻が痛くなる場合があります。ただ自前の座布団は往々にして忘れて帰ってしまうケースがあるので、忘れて帰ってもいいようになるべく安いものを選びましょう。
その他、小劇場ですと、靴を脱いでビニール袋に入れて観劇というケースも多いので、穴の開いた靴下をはいていると気まずくなることがあります。小劇場に行くときはお気に入りの靴下をはいて行きましょう。
素足に靴という石田純一のような方がいらっしゃるかどうかはわかりませんが、靴を脱いで素足で劇場に入るのは危険ですし、冬場は寒いのでやめましょう。

2,上演時間
1時間から2時間までのものが一般的です。実験演劇として数分から数十分のものもありますし、3時間を超える大作もあります。長時間の作品でも演出の都合上、途中休憩がない場合もありますのでトイレは開演前に済ませておきましょう。これは映画館でも全く一緒ですね。どうしても我慢できない場合は正面突破しましょう。構いません。

3,チケット
「チケットぴあ」などのように電話やインターネットでチケットを買うのが一般的です。その他上演される劇場や劇団などが独自で販売することもあります。劇場や劇団のホームページを確認することをお薦めします。映画同様、当日券というものもあります。前売りより少し値段が高めです。これも映画館と一緒ですね。注意しなければいけないのは、人気公演になると当日券がなかったり、あっという間に売り切れになる場合のあること。事前に劇場や劇団に電話で問い合わせてみるのもいいかも知れません。

4,マナー
携帯電話、PHS、ポケットベル(まだ使っている人はいるのかな?)など音の出る機器は電源をOFFにしましょう。ごくたまにですが、音を出すと役者に突っ込まれる場合がありますので注意しましょう。
お気に入りの役者が出て来ても、例えば「拓哉くーん」などと黄色い声援を飛ばしてはいけません。有名俳優などは登場するだけで大拍手などということもありますが、他の人が拍手してから自分も拍手した方がいいでしょう。一人だけで拍手していると時として空しくなることがあります。
歌舞伎は除き、役者に向かってかけ声することもお薦めしません。以前、歌舞伎用の劇場でイギリスの作家の本を使った二人芝居が上演された際に、出演していた沢田研二に「ジュリー」とかけ声をしている年配のおそらく歌舞伎常連客(俗称:大向こう)と思われる男性がいましたが、芝居の雰囲気に合っていませんでした。かけ声はやはり歌舞伎だけにしましょう。
劇場内は禁煙です。飲食も基本的には厳禁です。お腹が空いて芝居に集中できなくなったら思い切って芝居を諦めて食事に行きましょう。しかし、日本の演劇や劇場は西洋のそれとは違って途中退場がしづらくなっているので、事前に軽く食事をしておいた方が良いでしょう。

5,公演の見つけ方
「どこで演劇をやっているのかわからない」という方もいらっしゃるかも知れません。「ぴあ」や「シアターガイド」などで見つけることが出来ます。またインターネット上にも公演案内専用のホームページがあるので検索してみましょう。

|

« 河原で稽古 | トップページ | フリースペースYOU での稽古 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観劇の初歩:

« 河原で稽古 | トップページ | フリースペースYOU での稽古 »