« 12月7日の稽古 | トップページ | 西日差す »

2005年12月 9日 (金)

大阪はどの方角にありますか?

12月8日、木曜日の稽古。

まず、日本語を使わないコミュニケーショントレーニング(某CMを真似して「異文化コミュニケーション」と名付けた)を行ってみる。私が「大阪はどの方角にありますか?」と北京語で訪ねてみる。永尾さんには通じないから、身振りを加える。大阪城天守閣、お好み焼き、たこ焼き、漫才。しかし結局通じなかった。
永尾さんは、私が宙に描いた大阪城天守閣を「クリスマスツリーだと思った」そうだ。そう言われると確かに形はクリスマスツリーに見えたかも知れない。

今度は何語でもない言葉(出鱈目語)を使い、「平安神宮に行きたいのですが」という質問をしてみる。平安神宮といえば巨大鳥居。というわけで鳥居を宙に描き、見上げるポーズ。更に柏手を打つなどして神社を表現する。
今度は通じた。良かった。

今日は、あるセリフを体を使ってより良く表現することに主眼を置く。普通にセリフを喋るだけで流してしまった方が見栄えが良いし、自然なのだが、それでは一人芝居の楽しみが削られてしまう。

取り敢えず大袈裟に。

私:「いやー、これは絶対に笑いが起きますね」
永尾:「思い切って笑いにしようか」

などと言いながら何パターンかやってみる。
現時点では最良を思える方法を見つけて、実際に演じてみる。うん、悪くはない。
ここはまた後で練り直そう。

また、一箇所、セリフに思い切って手を加える。文学的な表現になったが、日常会話には無い引っかかりが出来た。スムーズ過ぎるセリフ運びにも抵抗があるので、これぐらいの引っかかりは付けた方がいいだろう。

|

« 12月7日の稽古 | トップページ | 西日差す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪はどの方角にありますか?:

« 12月7日の稽古 | トップページ | 西日差す »