« 大阪に行こう | トップページ | なぜか舞美 »

2006年1月21日 (土)

大津にて

200601210951000.jpg
滋賀会館の稽古場から外を見る。下を旧東海道が走っている。遠くに小さく写っている三角形の山は「滋賀のピラミッド」の異名を持つ三上山

滋賀県大津市の滋賀会館で草の根劇場劇団かいつぶりの次回公演、「チャンスの神様」の稽古を見学。永尾よしろうと吉本美和が出演するのだ。稽古は午前10時に開始。稽古場からは琵琶湖が見える。実に素敵な稽古場だ。

琵琶湖に向かって発声練習。気分が良い。

ミーティングを行い。昼休憩を挟んで本格的な稽古を開始。抜き稽古をしてから通し稽古。永尾よしろうがコミカルな役を演じている。考えてみればシリアスでない永尾よしろうの演技を見たのは初めてだ。

稽古場には人が多く(といっても十数名だが)賑やかだ。鴨川左岸は少人数でしか稽古を行ったことがないので、「稽古場が賑やかでいいなあ」と思う。

稽古は午後8時まで続く。お菓子が出たり、リラックスした雰囲気もある。

私も本番のお手伝いをすることになる。といってもセットのハケを手伝ったりするだけだが。
だが、稽古場や劇場にいるのは好きだ。この公演に携われることを嬉しく思う。

|

« 大阪に行こう | トップページ | なぜか舞美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大津にて:

« 大阪に行こう | トップページ | なぜか舞美 »