« 大ホールで通し稽古 | トップページ | 「チャンスの神様」本日本番です »

2006年2月13日 (月)

色作り

200602121910000.jpg
ビニールシートを敷き詰めて色作りと色塗り

2月12日、日曜日。午前9時から滋賀会館大ホールで舞台作り開始。まず舞台上にパンチシートを敷き詰める作業。先月、アトリエ劇研でリノリウムを敷き詰める作業をしたばかりなので要領がわかっている。

それからセットの壁を建てる。一部分、色の違う場所があるので、それに合う色を作るようにという注文を受ける。壁の色は特異なので、同じものを作ることは極めて困難である。「無理だな」と思いながらも、「赤」と「白」と「茶色」と「黄色」のペンキを使って何とか違和感のない色を作り、塗る。遠目には壁との色の差は目立たない。取り敢えず成功としておく。

午後から通し稽古。セットを置く場所を確認する。無理が生じそうな気がするが、それは追々調整していくしかない。

|

« 大ホールで通し稽古 | トップページ | 「チャンスの神様」本日本番です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色作り:

« 大ホールで通し稽古 | トップページ | 「チャンスの神様」本日本番です »