« 「チャンスの神様」本番 | トップページ | IT劇団 »

2006年2月19日 (日)

劇団「かいつぶり」公演終了

200602191941000.jpg
公演を終えて笑顔の鈴鹿暁美氏(演出・劇団「かいつぶり」団長)

2月19日、日曜日。午後2時30分からの上演をもって今回の草の根劇場劇団「かいつぶり」の公演は全て終了致しました。ご来場下さった皆様ありがとうございました。

午前中、ミーティングを行ってから、自主稽古。プロのカメラマンによる撮影も入る。公演中もカメラマンによる撮影があり、後で拝見したが非常に良く写っている。プロなので当たり前なのだけれど。

大劇場でのスタッフは初めてだったが、本番になると時間の流れが速く感じる。
打ち上げを終えて京都へと帰る車の中、「終わった」という充実感と、「もう終わってしまったのか」という寂しさを同時に感じる。永尾よしろうも吉本美和も同じような、いや、私以上に感慨は強かっただろう。

演劇の公演は消える。一場の夢のように。「無常」の思いだけが心の隅に残される。

|

« 「チャンスの神様」本番 | トップページ | IT劇団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇団「かいつぶり」公演終了:

« 「チャンスの神様」本番 | トップページ | IT劇団 »