« 北山の可能性 | トップページ | 日本国憲法第21条 »

2006年4月 4日 (火)

無断でことを進めて良いのか?

大阪の4楽団の統合を(共同通信)
 関西経済連合会の秋山喜久会長は3日の記者会見で、大阪府、大阪市と地元企業が支援の4つのオーケストラに、08年度にも1つか2つに統合するよう求めることを明らかにした。4楽団とも財政状況が厳しいため楽団員のリストラで共倒れを防ぐとともに、統合でよりレベルの高い楽団にしようとの発想だが、楽団にはまだ打診しておらず、楽団幹部も「初めて聞いた。趣旨が分からない」と当惑気味。 

[共同通信:2006年04月03日17時55分]


以下文責本保弘人
経済問題解消のためにまず文化が淘汰されるという好例です。楽団に何の断りもないというのがそもそも問題であり、クラシック音楽への理解と聴衆への思いやりがあるとは思えない秋山喜久会長の提言に反対致します。
演劇にとっても、これは対岸の火事ではありません。

|

« 北山の可能性 | トップページ | 日本国憲法第21条 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無断でことを進めて良いのか?:

» 統合すればよくなるか? その2 [CLACLA日記]
 また、大阪の4つのプロのオーケストラは、長年に渡って独自の活動を続けてきた。  当然それは、各オーケストラを支えた独自の「お客さん」が存在したということでもある。  事の善し悪しは置くとしても、これまでの経緯を簡単に切り捨てることには、やはり無理があるの..... [続きを読む]

受信: 2006年4月 4日 (火) 19時29分

» 統合すればよくなるか? その1 [CLACLA日記]
 朝日新聞朝刊によると、関西経済連合会の秋山会長が、「2008年度までに、(大阪の4つのプロ・オーケストラが)一つになれるよう話し合って欲しい」旨の発言を行ない、大阪府、大阪市とも協議して、統合を提言する考えを示したという。  現在大阪には、大阪フィルハ..... [続きを読む]

受信: 2006年4月 4日 (火) 19時32分

« 北山の可能性 | トップページ | 日本国憲法第21条 »