« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

そのへんにあった記事を感情を込めて読んでみる

そのへんにあった記事を感情を込めて読んでみる

初見で上手く読む訓練として、そのへんにあった記事を感情を込めて読む訓練をしてみる。初見で上手く読めることは実は大して重要ではないのだが、感情の反射神経を養うためには役に立つ。

写真は、京の地蔵盆の記事。稽古場にたまたまあったものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日が稽古の日です

今日が稽古の日です

本当はもっと稽古を入れたいのですが、稽古場の確保が難しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

9月23日 秋分の日の稽古

9月23日 秋分の日の稽古

週一回しか稽古が出来ないのでブログだけでも多めに更新してみる。今借りている稽古場は4時間で2000円である。首都圏には1時間2000円という稽古場もざらにあるので、今の稽古場もそれに比べると大分安い。ただし京都の有名劇団が使うことの多い京都芸術センターの稽古場は無料である。京都芸術センターの稽古場が無料なのは京都市にパイプを持つ、さる演劇人(一人しかいないのでわかりやすいが)の力によるものなのだが、案外その事実を知らない人も多い。

写真は稽古場の天井。寝転がるシーンがあるので(稽古場にはソファーがあるのでその上で寝転がっている)天井を見る機会も多い。
今日は読み通しを2回行い、2回とも出来が悪かった。感情に口がついてきていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9.23 2回目の読み通し

9.23  2回目の読み通し

いつもは2回目の方が出来は良いのですが、今日は鼻が詰まっているということもあってか、調子は上がらず、タイムも一層速くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9.23 1回目の読み通し

1回目の読み通し

感情が先走ったため、少し速めのタイムとなりました。噛むことも多過ぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稽古場にいます

稽古場にいます

秋分の日。稽古場にいます。これから3時間ほど稽古を行います。稽古場は、いつもは机が並んでいる場所。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

9月17日の稽古

9月17日の稽古

今日は普段よりも発声を多めにやってみた。だからだと思うが、最初の読み通しは、声の響きに注意がいってしまってセリフに心が入らない。結果、おそろしくクサイ演技になってしまった。こういうのは途中で直そうとしても直らない。

2回目はだからよりナチュラルになることを心がける。ナチュラルになるという目標は達せられたと思うが、今度はセリフがどう響いているのか客観的に捉えるのが難しくなった。やはり全部自分でやろうとするのは本当は無理がある。だが、他に方法はない。横車を押すしかないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週は今日が稽古の日です

今週は今日が稽古の日です 

今借りている稽古場は、演劇用ではなく、普段は書道教室や絵画教室なども開かれている場所です。ということで、毎週同じ時間に稽古を入れることは簡単ではありません。

たった今、一回目の読み通しを終えたばかり。声の響きに注意して読んでみたのですが、読み方が大仰になり、あたかも宝塚の男役が読んでいるかのようになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

9月9日の稽古

9月9日の稽古

奥歯を抜いた影響からか、発音の調整が難しい。今日はまず、発声の練習を何度も繰り返してからテキストに取り掛かる。

一回読み通すが、声が固まりになっている感じで理想からは程遠い。

タイムは1時間20分と理想的だが、タイムだけ理想的でもしょうがない。

少し休憩してから二度目の読み通し。一度目よりはずっと上手くいったように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月9日 稽古場より

9月9日 稽古場より

稽古場のあるビルは、現在、外装工事中です。ただ今、一回読み通しを終えたところ。これから二回目に挑みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

9月2日の稽古

9月2日の稽古

まず、朗読用のテキストに取り組むが、かなりの苦戦を強いられる。古い時代に書かれた文章だけに、きちんと読み上げるだけでも難しいのだが、先日、右の奥歯を抜いた影響がはっきりと出ていて、これまでの発声法ではちゃんと声が出ない。これではまずい。このテキストはそのまま読み上げるのではなく、ダイジェスト版を作成するしかないと感じた。

続いて、一人芝居用の脚本を用いて立ち稽古を行う。前回の稽古から間が開いてしまっただけに最初の通しでは感情が上手く乗らなかったが、3部形式の第1部を繰り返してやった時は、まずまずの出来までいった。ただ、理想からは程遠い。今月は幸い、毎週、稽古場が取れた。精進したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの稽古

久しぶりの稽古

事情があって中断していた稽古を再開。しかし、奥歯を抜いた影響だと思われるが、発音(特にサ行)が思うようにいかず苦戦中。結果として感情も乗らず、歯痒い思いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »