« 12月2日の稽古 | トップページ | 舌を噛みそうというけれど »

2008年12月 9日 (火)

12月9日 稽古場より

12月9日 稽古場より

朗読会の稽古。まず発声を普段より徹底してやり、それから朗読。すらすら読める。が、心がまるで入らない。心を込める前に口が動いてしまう。役者なら、それを良いことだと思うのかも知れないけれど、私は言葉だけ出ていても駄目だと思う。有害だとも思う。ちょっと時間を置いて、なだらかでないよう読めるようにしたいと思う。

|

« 12月2日の稽古 | トップページ | 舌を噛みそうというけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月9日 稽古場より:

« 12月2日の稽古 | トップページ | 舌を噛みそうというけれど »