« 大田川貯水池から見た | トップページ | ローソン八坂神社前店(祇園町会所跡) »

2004/08/02

池田屋騒動発端

元治元年(1864年)6月5日早朝、長州藩の間者で武器調達にあたっていた近江郷士、古高俊太郎が四条小橋の枡屋で身分を偽り、炭薪商として潜伏しているのを新選組隊士・島田魁に見抜かれ、逮捕される。蔵からは武器、書類などが多く発見されたという。拷問の末、古高は長州が風の強い日を狙って京に火を放ち、混乱に乗じて、帝を御所から連れ出し、幕閣を暗殺する計画があると漏らす。しかしこの計画、由井正雪の乱の筋書きに似すぎているように思えるのだが。のちに桂小五郎(木戸孝允)は計画の可能性を完全に否定、幕府方の策謀であったと断言している。

四条小橋北(四条通の一つ北の道)の古高俊太郎邸跡の碑。200408021610furutaka.jpg

|

« 大田川貯水池から見た | トップページ | ローソン八坂神社前店(祇園町会所跡) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池田屋騒動発端:

« 大田川貯水池から見た | トップページ | ローソン八坂神社前店(祇園町会所跡) »