« 印象派風の夕景 | トップページ | 向日神社 »

2005/05/15

藤原敦忠山荘跡

200503261335000.jpg

菅原道真を左遷させたことで有名な藤原時平の三男である藤原敦忠は三十六歌仙の一人であり、西坂本(現在の一乗寺)に山荘を営み、歌会を開くなど風流人として知られた。敦忠は38歳で亡くなるがその早逝を人々は「道真公の怨霊の仕業である」と噂したという。別荘跡の碑は一乗寺の曼殊院道(雲母道)にある。

「あひ見てののちの心にくらぶれば昔はものを思はざりけり」(権中納言敦忠)

|

« 印象派風の夕景 | トップページ | 向日神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤原敦忠山荘跡:

« 印象派風の夕景 | トップページ | 向日神社 »