« かに道楽本店 | トップページ | Chanko Dining 若 »

2005/07/09

鳥居元忠の墓

百万遍知恩寺にある徳川家康の忠臣・鳥居彦右衛門元忠の墓。
慶長5(1600)年。元忠は家康が会津の上杉氏征伐のために東行する際、京都留守居役を仰せつかり、伏見城本丸に籠もる。大坂城の石田三成ら西軍を食い止めるのが目的であった。予想どおり西軍は伏見城を攻撃、元忠は善戦空しく自害した。
享年62歳。
200504291400000.jpg

|

« かに道楽本店 | トップページ | Chanko Dining 若 »

コメント

鳥居元忠の墓は福島県いわき市にもあります。
いわき市にはかつて平藩があり、初代平藩主は
鳥居元忠公の嫡男鳥居忠政公でありました。
忠政公は二代将軍徳川秀忠公より命を受け
仙台伊達藩を抑える要塞としての平城の築城と、
鳥居元忠公を供養する一寺を建立を成し遂げました。
その後山形へ石高を倍増され移封しました。
いわき市平字胡摩沢にある長源寺が元忠供養の寺であり、
自然石を用いた元忠の墓が境内に鎮まっております。
この寺の名は曹洞宗淵室山長源寺。
元忠公の曹洞宗の戒名から山号寺号をとりました。
曹洞宗での戒名は清流院殿淵室長源大居士。
今ではこの武将のことを知ろうとするいわき市民も
いなくなりました。

投稿: 旅人 | 2005/08/23 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥居元忠の墓:

« かに道楽本店 | トップページ | Chanko Dining 若 »