« 岩戸妙見宮境内 | トップページ | 京大グラウンドの夕暮れ »

2006/05/12

岩戸妙見宮境内の滝

岩戸妙見宮境内の滝

厳門の滝と呼ばれる。一時は枯れていたが地元民の尽力により復活した。なお、滝の近くには非常に珍しい「痔」の神様を祀る小さな社がある。昔から日本人は、2人に1人は何らかの痔疾を持っているそうだから、こうした神様が存在するのだろう。

|

« 岩戸妙見宮境内 | トップページ | 京大グラウンドの夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩戸妙見宮境内の滝:

« 岩戸妙見宮境内 | トップページ | 京大グラウンドの夕暮れ »