« 京都霊山護国神社 高杉晋作・来嶋又兵衛の墓 | トップページ | 京都霊山護国神社 木戸孝允(桂小五郎)の墓 »

2008/05/14

京都霊山護国神社 大村益次郎の墓

京都霊山護国神社 大村益次郎の墓

日本陸軍の父である大村益次郎(村田蔵六)。長州藩の出身。日田の広瀬淡窓の咸宜園、大坂の緒方洪庵の適塾などに学び、医師として活躍したのち、蘭学の知識を買われ、伊予宇和島藩で西洋書の翻訳に従事。この時に西洋兵法への知識を得た。幕府が運営する江戸の講武所で西洋兵学を教え、その後に長州藩の西洋兵学の教授となる。
幕府の第二次長州征伐では高杉晋作らとともに幕府軍を打ち破った。戊辰戦争でも江戸・上野の彰義隊を破る。維新後は兵部省の事実上のトップとなり、日本陸軍の創設に尽力。しかし、明治2年京都出張中に刺客に襲われ、その時の傷がもとで2ヵ月後に世を去った。

|

« 京都霊山護国神社 高杉晋作・来嶋又兵衛の墓 | トップページ | 京都霊山護国神社 木戸孝允(桂小五郎)の墓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都霊山護国神社 大村益次郎の墓:

« 京都霊山護国神社 高杉晋作・来嶋又兵衛の墓 | トップページ | 京都霊山護国神社 木戸孝允(桂小五郎)の墓 »