カテゴリー「文学」の85件の記事

2018/11/17

京都タワーの背後

京都タワーの背後

「見よ今日もかの青空に飛行機の高く飛べるを

給仕勤めの少年が
たまの非番の日曜日
肺病病みの母親と
たった二人で家にいて
一人せっせとリーダーの
独学をする目の疲れ

見よ今日もかの青空に飛行機の高く飛べるを」

石川啄木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/23

鏡花のみち

鏡花のみち

主計町茶屋街浅野川沿いの道は、すぐそばで生まれた泉鏡花にちなんで鏡花のみちと名付けられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/27

正岡子規の言葉 真宗大谷派岡崎別院にて

正岡子規の言葉 真宗大谷派岡崎別院にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/02

富田林本町公園 織田作之助文学碑

富田林本町公園 織田作之助文学碑

富田林の本町公園内、石上露子の文学碑の隣にオダサクこと織田作之助の文学碑がある。織田作之助は戦災に遭った大阪市から富田林市に疎開、滞在した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/17

石上露子歌碑

石上露子歌碑

富田林寺内町のそば、本町公園内にある石上露子の歌碑。

みいくさに
こよひ誰(た)が死ぬ
さびしみと
髪ふく風の
行方見まもる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石上露子 「小板橋」文学碑

石上露子 「小板橋」文学碑

富田林寺内町の北西、本町公園内にある石上露子の代表作「小板橋」の文学碑。

ゆきずりのわが小板橋 しらしらと一枝のうばら
いづこより流れか寄りし 君まつと踏みし夕べに
いひしらず沁みて匂ひき

今はとて思いに病みて 君が名も夢も捨てむと
なげきつつ夕わたれば ああ、うばらあともとどめず
小板橋ひとりゆらめ

ゆふちどり(石上露子)

うばらとは野茨のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/07

富田林寺内町 旧杉山家住宅と石上露子の案内

富田林寺内町 旧杉山家住宅と石上露子の案内

富田林寺内町のある南河内でも一二を争う名士の家である杉山家に生まれた石上露子(いそのかみ・つゆこ。本名:杉山孝)は明星派の歌人として活躍した。また河内大和両国一の美人としても知られたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/31

甲賀 柿本人麻呂歌碑

甲賀 柿本人麻呂歌碑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲賀の里「忍術村」猿飛佐助生誕之地碑

甲賀の里「忍術村」猿飛佐助生誕之地碑

甲賀の里「忍術村」にある猿飛佐助生誕之地碑。真田十勇士の一人として知られる猿飛佐助は架空の人物であるが、そのためここを生誕の地としているようである。猿飛佐助のモデルといわれる人物は何人かいるが、全員伊賀忍者であり、豊臣氏に味方したという事実もないようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/08

広島平和記念公園・草野心平詩文「平和祈念像に寄せて」

草野心平詩文

 

草野心平の詩「平和祈念像に寄せて」

天心の三日月の上に
幻でない母と子の像
これこそ永遠の平和の
象徴
童子よ母の愛につつまれて
金のトランペット吹き鳴らせ
天にも地にも透明な
平和之調べを吹きおくれ
どんな未来がこようとも
頬っぺいっぱいふくらまし
no more Hiroshimaの
金のトランペット吹き鳴らせ

1978年8月 草野心平

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧